ほっかいどうデータベース

三王建設興産


整理収納アドバイザーの監修で収納のアイデアも満載

整理収納アドバイザー監修「収納じょうずなママの家」

 住宅を「家族の幸せを育む大切な場所」と位置づける三王建設興産。〝永く安心して暮らせる住宅〟の提供にこだわり、施工エリアは直接施工で素早い対応ができる片道60分圏内に限定。地域密着型の「住まいのアドバイザー」として寄せられる信頼は絶大だ。
 数あるモデルハウスの中でも、特に人気を集めているのが「収納じょうずなママの家」だ。
「使いやすい収納スペースがもっとほしい」という子育てママの声に応えた提案型モデル。
 現在公開中の第3弾のモデルハウスは、整理収納アドバイザーの広沢かつみ氏が監修。従来モデルをさらにブラッシュアップ。見学者からは「収納じょうずになれる」と驚きの声が寄せられている。
 その一例が、キッチンの引き出し位置。子ども用の食器を低い位置の引き出しにまとめることで、子どもが自分で片付けられる設計だ。ほかにも、ゴミ箱にイラスト入りでひらがな表示のラベルを貼ることで、分別が容易になるアイデアも。こうした発想が子どものやる気を育んでくれる。
 1階の玄関近くには、ウォークスルークローゼットを配置。収納場所に困ることも多い掃除道具や古紙、日用品、遊び道具などが収納できるため、室内はスッキリ。必要なときにはすぐに取り出すこともできる。
 この「収納じょうずなママの家」第3弾のモデルハウスは、札幌市西区西野3条6丁目で公開中。また、八軒8条西3丁目(3290万円、税込、以下同)や北区東茨戸2条1丁目「グリーンタウン東茨戸」に2棟(2590万円、2690万円)、手稲区富丘3条1丁目(3298万円)、西区西野5条1丁目(2980万円)で新築建売物件を販売中だ。

玄関横にウォークスルーのクローゼット
たっぷり収納できるランドリー室はうれしい
ゴミ箱はイラスト入り。子どものやる気を育む
食品以外も収納できる大容量のパントリー
札幌市西区西野3条6丁目でモデルハウスを公開中