ほっかいどうデータベース

ぽぷら社会保険労務士法人


和田 昌代 わだ・まさよ/国士舘大学を卒業後、ソフトウェアエンジニアとして勤務。会計事務所勤務を経て2007年社会保険労務士登録。12年ぽぷら社会保険労務士法人設立。ファイナンシャルプランナーの資格も持つ。

幅広い知識を持つ専門家が在籍。テレワーク導入にも力を注ぐ

 働き方改革の柱の1つとして注目されているテレワーク。オフィス外にいながら仕事ができる制度だが、パソコンやネット環境などの設備投資やセキュリティなど、導入に対するハードルが高いと感じている企業も少なくない。
「ぽぷら社会保険労務士法人」は、ソフトエンジニアとしての経歴を持つ和田昌代代表をはじめ、産業カウンセラーでもある大磯隆社労士、キャリアコンサルタント資格を持つ原田太社労士など、幅広い知識を有する専門家が在籍している。
 同法人も9月から札幌市の補助を受けてテレワークを実践。今後は導入のサポートにも力を入れていく方針だ。
「業務効率化における手段の1つとして、効果が見込めるかどうかを判断し提案します。導入した実体験を生かしメリットの説明を徹底していく」と和田代表。
 また、同法人では年齢や性別、専門分野などが異なる人材が活躍。さまざまな視点を持つことで、多角的な分析・コンサルティングを手掛けている。専門知識とチームワークによる適切なアドバイスも好評だ。

さまざまな知識・資格を持つスタッフ