ほっかいどうデータベース

ユタカコーポレーション


スタイリッシュな外観

立地・外観・住みやすさ全ての面でハイレベルな物件を提供

 釧路市内を中心に賃貸不動産の売買や賃貸管理を主事業に事業を展開している「ユタカコーポレーション」。 今年で25周年。釧路では賃貸仲介店の草分け的存在だ。
 不動産の賃貸・売買仲介はもちろん、賃貸経営を成功へと導く管理部門や不動産の価値を高めるリフォーム・リノベーション部門、マンスリーマンション・トランクルーム事業など住宅にかかわるサービスを幅広く手がけている。
 新築物件では他社との差別化を図るため、分譲マンションのような高級感あふれる物件を多数手がけている。
 同社の代表的な物件は、釧路駅周辺に8棟展開する「ジェミニ」シリーズ。相場より4000円~8000円ほど高い家賃設定でも満室をキープしている。
 ハイエンド向けの物件で、1LDKが計4戸。間取りは40平米で広々としたつくりとなっている。内装は高級感と重感を重視し、上質の床材や建具、クロスを採用。玄関にはイオン消臭器付きのシューズインクローゼットが設置されている。近隣に類似物件はなく魅力が際立つ。専門知識のない内見者でも、一目で他物件のと違いが見て取れる。
 設備も充実。ウオークインクロゼットや一坪の窓付きユニットバス、エコジョーズ、3口の1Hコンロ付きシステムキッチン、追い炊き機能、2台分の駐車場などを標準装備している。
 外観はトレンドを取り入れつつも、飽きのこない都会的なデザインが特長。新築時はもちろん、長期的にも満室を維持できる競争力を持った魅力的な物件を提供している。
 もちろん空室対策にもぬかりはない。例えば、築年数が古くなかなか入居者が決まらない物件に対しては市場の動向を確認し、家賃の再設定や新たな設備の設置などを提案。場合によっては、自社で大規模リノベーションを実施するなどし、高入居率を維持できる物件へと再生している。
「釧路市の人口はピーク時の22万人超から今や17万人を割り、右肩下がりの厳しい状況にありあます。しかし、目先だけではなく、将来にわたり、空室を出さないことが1番です。そのための最善策をご提案することを心がけています」と木村拓也社長は語る。

釧路を中心に多数の物件を手がけている
明るく広々とした店内