ほっかいどうデータベース

本間社会保険労務士事務所


本間あづみ代表

組織風土改善で個人・チーム双方の生産性向上を支援

 働き方改革によって迫られる「効率化」。労働時間上限規制や有休義務化などに対応したうえで、業務量を落とさないことが重要だ。
「制度導入に頼った効率化では限界があります。組織内で個々の持ち味を認め合い、成果があがりやすい風土をつくることが重要です」と本間あづみ代表は語る。
 同事務所では働きやすい環境を醸成する「組織風土改善コンサルティング」を実施。長時間労働是正や有給休暇などの制度導入も手がけ「人を大切にする経営」をサポートしている。
 近年、育児・介護休暇などの制度を取り入れている企業は増えている。導入した制度を利用することが社内のいじめにつながるケースも急増しているという。
「今後、多様な価値観を受け入れられない組織では、効率低下や雇用難、ハラスメントの増加などが懸念されます。働き方改革だけでなく、パワハラ防止措置の法制化も控えており、意識改革は避けて通れません」
 6月からは総務・人事担当者へ向けた研修を実施。労働関係法に関する正しい基礎知識を身につけるのが目的だ。開催は月に1度で顧問契約企業の参加は無料。

産業カウンセラーやファイナンシャルプランナーなどの資格を持つスタッフ