「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年1月号 見ったくなし

 初冬の日高沖でやや時季外れの船釣りを敢行した。ところが波は高いし、しぶきはかかるし散々のてい。おまけに釣果は外道のドンコという魚の猛襲に悩まされ、釣り人全員の足元はたちまち山となる。やはり悪天候の日はおとなしくしておくものだ。
 ドンコの正式名はエゾイソアイナメというが、名のアイナメ(アブラコ)系ではなくタラ系。もっともマダラなどとはやや異なりチゴダラ科に属し食用としてはあまり利用されていない。
 ドンコに交じって時折猛然とエサに食いついてきたのがカンジという魚。これもナカヅカという正式名があるのだが遊漁船の船長たちは「見ったくなし」といって嫌う。どう猛な面構え、鋭い歯を持ち、かみつかれると痛い目に合う。頭の部分から尾までトゲトゲの背ビレを有し、暴れるのでつかむこともできない。魚体が50cm前後と大きくヘビのようにくねらすので仕掛けまでぐじゃぐじゃにされる。ドンコ以上に外道である。
 ところが、いまこの2種を含めあまり食べられない魚を活用しようと関係者の間では盛んに研究がおこなわれ、その付加価値が期待されている。見ったくなしといえばカジカやゴッコもあげられるがこちらは鍋ものにして大いに食べられている。ナマコやホヤなどもその類だろうから捨てられる多くの魚の早い開発が望まれる。