「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年6月号 メヌケ

 メヌケとは深海に生息するカサゴ科の魚で、大型で体色が赤いものの俗称を指す場合が多い。深い海中から上がってくる途中に水圧の関係で目が飛び出すことから目抜(メヌケ)と呼ばれる。北海道では日高や網走沖が好釣り場で束になって掛かってくるのでこの道の愛好者に人気がある。
 種類が多い魚でも知られ、その代表格がオオサガ。メヌケ類の中では最も大型で60センチを超えるものもいる。紅色の鮮やかな体色はマダイにも似ていることから地方によっては代用品に使われることもある。昔は大量に獲れたことから畑の肥料にしたとか。なんとももったいない話である。
 このほか近縁の仲間にはバラメヌケ、クロメヌケ、アラスカメヌケなどがいて、いずれも鋭いトゲを持ち魚相が似ているので見分けがつかないほど。やや浅瀬に住むのが北海道ではおなじみのヤナギノマイで船釣りファンには人気魚。舞うように泳ぎ回っていることから柳の舞の名が付いた。ただ、呼びにくいせいか漁業関係者はモエ、モコと省略する人が多い。
 ほとんどが卵胎生魚で親そっくりの仔魚を産む。根に付く魚でサンマやサバのような回遊はしないが中には長い距離を移動するものもいる。煮付け、鍋物がうまいとされるが新鮮な魚は刺身がお勧め。特に優雅な名のヤナギノマイはとろけるような舌ざわりでうまい。