「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年2月号 カジカ鍋

 おせち料理にも飽き、寒い夜に打ってつけなのがカジカ鍋。最近はスーパーなどで鍋用に部位を切りさばいて売っているので簡単に食べることができる。ただこの時期はアンコウなど「おいしい鍋はほかにもある」と異論を唱える人もいるが北海道の冬はやはりカジカ鍋に軍配が上がる。
 別名ナベコワシと呼ばれるマカジカ。あまりのうまさにみんなで鍋の底を突いて壊してしまうことから付けられたといわれる。マカジカは正式名をヤリカジカというが、このようにカジカ類には別名が付く魚が多い。ほかに本名ケムシカジカ(別名トウベツカジカ)やギスカジカ(イソカジカ)、ヨコスジカジカ(ネ
カジカ)、オニカジカ(ツノカジカ)などなど、なんともややこしい。とはいってもいずれの魚も味噌仕立ての鍋がおいしいのは共通したところ。
 漢字名も驚くほど多い。鰍にはじまり河鹿、鮖、石班魚、伏念魚、牛盗人、土附など実に60種以上もあるのだそう。
魚へんに底と書くものもいて普通は水深100メートル近くに生息することから海底のイメージがそう書かせるのだろう。
 しかし、産卵期は膝下ぐらいまで岸寄りするので「カジカは浅瀬で釣れ」との格言がある。こぶしほどの水位があれば釣果が出て汽水域を好むので河口の近くが絶好のポイント。産卵前の卵の醤油漬けは絶品でコリコリした食感はたまらない。