「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年9月号 海鰻

 海鰻と書いてアナゴと読ませる。普通は穴子だが、なぜこの字が当てられたかというとアナゴとウナギはよく似ているのは言うまでもないが川にも住むウナギに対してアナゴは一生海暮らしということで海鰻となった。北海道では「ハモが釣れた」というが実はこれ、アナゴのことで北国にはハモは存在しないといわれている。

 穴子の名の由来は、ずばり穴好きからで、狭い岩穴などに入り込むのを好み、そこから獲物に猛然と襲いかかるのだそう。どう猛な魚でも知られ、漁師の指に噛みついたり不慣れな釣り人はハリ外しの際けがをしたりとなんとも激しい魚なのだ。アナゴのことを本州では、はかりめ(秤目)とか、きんりょう(斤量)とも呼ぶ地方もある。体の側線にある斑点が定規で測ったように並ぶことからくるが、これなどはむしろ猛々しさとは裏腹のなごやかな話。
 日本近海に生息するアナゴは数種類いて、もっとも多いのはマアナゴ。味のほうもウナギのこってりした濃厚さに対してアナゴは甘みのあるあっさり味でこちらを好む人も多い。数年前、噴火湾で獲れたてという穴子寿司を食べた経験があるが、何貫でもイケる忘れられない味であった。平均的に魚は頭やはらすの部分が旨いとされるが、アナゴやウナギは尾に近い方が美味。また、アナゴの刺身はあまり聞き慣れないが湯ぶきをした生身は絶品という。