「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年7月号 鱸

 スズキ釣りの季節。その昔この魚は道南の海域が北限とされたが、いまは寿都から積丹海岸でも釣れるようになった。ヒラメを狙って掛かることが多く、その強い引きを求めて釣行する人が増えている。漢字ではなかなか読めそうもない「鱸」と書くが、出世魚の代表的な魚で稚魚はこっぱ、1年魚をせいご、2~3年をふっこ、60センチ以上を晴れてスズキと称し最大では1メートルにも達する。従って40~50センチはスズキではないのだがそう固いことはいわずに大目にみるようにしている。

 銀色に輝くスマートな魚体とぴんと立った脊ビレはりりしく「海の貴公子」と呼ばれる。仲間が非常に多いのがスズキ族の特徴でマダイなどのタイ類を筆頭にしてアジやキス、タチウオなど大小さまざま。世界にはなんと900種もいるそう。

 名前の由来は、身が白くすすぎ洗いしたように美しいことからくる。ただ、釣ってはそれとは裏腹にダイナミックでヒットさせてから取り込むまでのスリリングな魚とのやり取りはむしろ荒々しい。スズキのエラ洗いという言葉があるが、エラを張り何度もジャンプして暴れ回り、糸をも切ろうとすることをいう。

 食べてはこれから夏にかけての魚は洗い(刺身)がうまく特に酢味噌で食べるのが最高。あらを使った潮汁もうまい。フランス料理には有名なパイ包み焼きがある。