「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年6月号 カツオ

 先日、本州から取り寄せたカツオを食べる機会に恵まれた。いわゆる初ガツオである。カツオは残念ながら北海道近海にはいない。赤道付近で生まれ、成長しながら北上、九州から四国に。さらに夏頃には東海さらに関東の海域に上り、東北の三陸沖あたりがUターン地点。つまり上りを初ガツオと言い、帰路は戻りガツオだ。

 漢字では鰹、堅魚、松魚と書くが勝魚もある。勝つ魚にちなんで人名にも勝男にはじまり勝雄、勝尾、勝生など意外に多い。「目には青葉 山時鳥 初松魚」と詠まれ、珍重される初ガツオは、サバ科の魚で、紡錘形の体は大小はあるものの、非常に似ていてうなずける。魚体に走る独特の縞模様は鮮やかで、着物などの柄にも「かつお柄」として用いられるほど。ただ食べては初ガツオより、脂がのった戻りガツオのほうがうまいという人が増えている。

 面白いのは、その昔は生で食べることはなく煮たり焼いたりしてそれを乾燥させ保存食としていた。これが「カツオ節」である。しかし、やっぱりカツオは生が一番という声が圧倒的で、ニンニクや酢でつくったタレを豪快にかけてのたたきは、やめられないうまさ。内臓を塩辛にしての酒盗は珍味中の珍味。フランスではステーキ風にして食べるとか。栄養面でも優れていて、鉄分やビタミン類が多く含まれてなんとも貴重な魚、カツオである。