「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年5月号 サクラの季節

北海道にも桜の季節がやってくる。誰もが心待ちするのがその開花。そこでこの時期にふさわしい「サクラ」と付く魚介類を探すと…。いまが食べても、釣っても旬なのがサクラマス。肉の色が濃いピンク色であるからとか桜の咲く季節に多く獲れ美味であるからが名の由来。日本海沿岸ではホンマス、ママスとも呼ばれ、道東地方ではイタマスともいう。川に留まるのがヤマベで降海型がサクラマス。海の豊富な栄養分を蓄えて80センチにも成長する。
 マダイも産卵期の桜の咲く季節のものを「桜鯛」と呼び珍重され、食べてもうまい。こちらもピンク色の魚体が美しいことから付けられたようで北海道の南部から日本各地に生息するが、やはり本場は瀬戸内海や兵庫県の明石のものとされる。正式名にずばりサクラダイという魚もいるがこれはハタ科で別種。
 また春が季節という中にサクラエビも挙げられる。漢字では「桜海老」だが、ピンク色の体をもつ体長4~5センチの小さなエビで、残念ながら北海道には存在せず、駿河湾や東京湾が産地。生でもイケるがさっと塩茹でした釜揚げは絶品。回転寿司などでも「桜えび軍艦」として味わえる。
 カレイ類の中にアカガレイがいる。裏面が赤いのでその名があるが、中にはややピンク色になるものもいる。まさにこれぞサクラガレイか。沖の船釣りでくることがあり食べてはいまが旬。