「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年1月号 フグあれこれ

 大相撲の九州場所(福岡)は終了したが、この時期の各相撲部屋ではフグを使ったちゃんこ鍋に人気がある。もちろん中身はあの有名なトラフグ。下関周辺で初冬に多く捕獲され昔から作られてきた鍋だが、最近はちょっと様変わりしているそう。理由はトラフグがたやすく入らないことと、高価なので以前のようにこれを食材にした料理は簡単にはできなくなってきたと聞く。
 そこで登場するのがトラフグの代わりになるマフグだ。なにしろ価格は半額程度。北海道の海にも生息している。そんなことで道内で出されるフグ料理は、ほとんどがマフグといわれる。安値で食べられる上、味の方は落ちるかというとそうでもなく、料理にして出されたらどちらなのか判断できないというからうれしいやら悲しい心境になる。
 フグは種類が多い魚でショウサイフグ、ゴマフグ、シマフグなどが全国的に有名だがいずれも内臓などに猛毒を持っていて、素人の調理は禁じられている。ただ中には無毒の魚もいてシロサバフグ、ヨリトフグなどが該当するが食べてはまずいので嫌われるとか。なんともうまく(旨く)いかないもの。珍名としては団扇のように腹部が大きいウチワフグ、目が赤いアカメフグなどがいる。余談だが今年の夏に瀬棚沖でこのマフグを釣った経験がある。船上で腹を膨らませ怒る様はユーモラスで憎めない。