「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年10月号 イシガキダイ

 いま釧路の近海で異変が起きている。津軽海峡が北限とされるクロマグロがサケの定置網にかかり漁師も「こんなこと過去に記憶がない。いったい海はどうなっているんだろう」と目を白黒。このマグロ騒動ばかりでなく、主に南の海が生息地であるイシガキダイやトラフグまで交じったというのだ。多くの魚を見てきた市場の面々もこれらを眺めて「これ、なんていう魚なの?」と首を傾げるばかり。
 まずイシガキダイだがなるほど北海道ではめったにお目にかかれないシロモノ。体表に頭から尾の先までびつしりと黒い班紋が並び、これが石垣状に見えることからその名が付けられた。ただこの班紋は、成長するとともに消え黒い魚体になってくる。このため別種の魚とされていた時代もあったが、実は老成魚の現象で同じ魚なのだ。また、口先の部分が白くなることからシログチとも呼ぶ。大きくなると70センチ超にもなり本州では強烈な引きを見せることから釣りの人気魚になっている。刺し身、塩焼きが美味。
 トラフグの名はお馴染みだが、北海道でよく捕れるのはマフグでこの度の捕獲はこちらも珍しいという。東のアンコウ、西のトラフグといわれるようにフグは西のイメージが強い。卵巣と肝臓に猛毒があり、当たると死に到るので「鉄砲」の異名がある。刺し身を鉄っさ、鍋物を鉄っちりと呼ぶのはこのため。