「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年7月号 コチ

 先月、小樽の祝津沖でカレイ釣りをしていたところ、やけに頭部が大きな魚を釣りあげた。これまで未経験のものだったので船長に聞いたところ「コチという魚だね。この数年この辺の海に多くなってきたよ。昔は釣れなかったがね」という答え。さかな図鑑で調べたところ、分布は南日本。やはり南方の魚で北海道にはその昔は生息していなかったよう。確かに海は変わりつつある。
 コチ科でその代表がマゴチ(小樽沖で釣ったのはこれ)。体は黒っぽい濃茶褐色で頭の割合が大きく、尾に下がるほど細長くなっていく。小さなタラと思えばよい。面白いのはなんとも怖いというかどう猛なネームの付く種族が多いこと。オニゴチに始まりワニゴチ、トカゲゴチなど。ほかメゴチ、ヨシノゴチ、イネゴチも仲間。ワニゴチはその名の通りワニのような顔つきから付けられた。オニゴチは目が鋭くなんとも威厳さえ感じる。さらに異色なのはイネゴチで3~4歳にかけてオスからメスに性転換、6歳以上はすべてメスになるとか。
 本州では梅雨明けごろからが本格的釣りのシーズン。マゴチは30~40センチにもなり、白身魚としてスズキと並ぶ高級魚という。刺し身、洗いに煮付けが美味と聞く。小樽で釣ったのは20㌢未満の小魚だったのでリリースしたが、今度好サイズがきたら持ち帰って料理、未知の味を満喫しようと思っている。