「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年5月号 スズキ

 函館に釣行した折、地元の釣友に離れ堤に案内してもらったことがある。もちろん目指すは生まれて初めて挑戦するスズキ釣り。道内ではこの地方でしか釣れない魚で「アブラコ、ソイは期待できるがスズキは無理かも…」と念を押されたが、幸運にも40センチの本物をゲットできた。予想通りソイなどにも勝る引きの強さで、数年たってもその時の感触が忘れられない。後日、「待望のスズキを釣ったよ」と報告したらその相手、なにを勘違いしたのか「なにかだましたのか?」と話が合わない。どうやらスズキを人間の鈴木さんと思ったらしい。本州ではスズキ釣りはそう珍しくはないが、北海道ではそれほど貴重な魚といえる。ちなみに全国の名前の多い順は(1)佐藤(2)鈴木(3)高橋(4)田中(5)渡辺(年により変更あり)だそう。
 話を戻してスズキという魚はブリなどのように成長するにつれ呼び名が変わる出世魚で関東ではセイゴ→フッコ→スズキ。関西ではセイゴ→ハネ→スズキとなる。大きなものでは1㍍にもなり、全国的にはルアーフィッシングとして年々人気が高まっている。春から夏にかけて汽水域や淡水域に入り込むものがあり重要水産魚種でもある。食べては夏の時期の刺し身が最高とされるが、冬の抱卵した腹太のものは焼き物が美味。最近は寿司のネタにもなる。漢字で書くと鱸となんとも難しい。