「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年10月号 サケは釣れない?

 今や秋の風物詩ともいえる海岸での竿の林立、人気のサケ釣り風景である。本場となるオホーツク海はもちろん太平洋から噴火湾、日本海に至るまで釣り人すべてがサケにのめり込んでいるような盛況ぶりだ。
 ところがその歴史はそう古くなく、1955年後半ごろからではなかろうか。実は、川にそ上するころのサケは餌を口にすることがなく、釣りは不可能といわれていたが、少々違っていたのである。サケは闘争心の強い魚で餌を追いかける習性があり、もしかしたら食うこともあるのではないか…。それが当たっていた。
 ここで体験した話を紹介しよう。筆者がその昔、釣りを本格的に始めた晩秋の日高路(静内川周辺)を訪れた際、サケを釣りあげている人に出会った。当時サケは釣れないといわれた時節だ。われわれもそれーとばかり仕掛けを投げ込んだが、プツプツ切られるばかり。よく聞いたらサケ用の仕掛けを使い釣っているとのこと。地元の釣具屋に走り、再度投げ込んだら見事にヒットできたのである。サンマの餌に食いついた。ホントの話。それも70センチを超すメス。
 サケ釣りはほとんどの人が一度やったらその魔力に魅かれ、病みつきになり「やめられないね」と声をそろえる。魚体が大きいだけに、引きの強さも申し分ない。食材としても捨てるところがないほどの貴重品だ。