「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年1月号 アイゴ

 函館などの防波堤で最近アイゴが釣れているそう。この魚の生息範囲は、下北半島以南だそうで北海道で見られるのは珍しい。スズキという魚もその部類で、10年前までは釣りの対象ではなかったがいまは道南各地の磯や沖堤でよくあがっている。やはり地球温暖化による魚の北上現象の現れなのか。
 アイゴは道民にはあまり親しみのない魚なのでここで少々説明を加えると、体色は黄褐色で表面に白い斑点が点在する。ただ、夜間や興奮したりするとまだら模様の斑紋が出て、環境によく適応するのが大きな特徴。老成魚になると白い斑点は消え、全体が褐色になる。沿岸の海藻の多い岩礁地帯に生息して、群れをつくって行動する。北海道全域で見られるガヤやヤナギノマイに姿がよく似ている。漢字で書くと阿乙呉。
 また評価が右、左と分かれるのもアイゴの特色。例えば食べてはショウベンウオ(小便魚)の地方名が付くように、アンモニア臭があることから苦手という人がいると思えば、逆にこれが磯臭さとなりたまらなくおいしいと絶賛する人もいる。釣ってはアタリが小さく釣りにくいという反面、そこをうまくあわせて釣果に結びつけるのが腕前というものと極端に分かれるのだ。
 最後にもしあなたがこの魚を手中にした時は、ヒレに毒のある部分があるので取り扱いには要注意。