「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年9月号 ウグイ

 港内でウグイが釣れる季節である。
もっともこれ自体を釣るために出掛けるのではなくチカやカタクチイワシの外道としてあがってくるのである。このためか持って帰る人は少なく、海に還すかカモメの餌になるなどなんとも哀れな魚である。
 ただ、ここで考えてみよう。料理の仕方によっては意外においしく食べられる。現に本州では古くから食されており、ウグイの専門店もあるほど。
 まず小骨が多い魚なので包丁で身切りするのがコツ。天ぷら、から揚げなどが一般的だが酢味噌和えは絶対お勧め。ほかにすり身にしてのつみれ汁も美味。干し魚にして出汁をとるとよく、蕎麦屋ではこれを用いて蕎麦だれを作る店もある。
 ウグイはコイ科で日本にはエゾウグイ、マルタウグイ、ウケクチウグイなどの仲間がいる。北海道にはウケクチ以外が生息していて、大きく成長して産卵期になると腹部一帯が鮮やかな赤い婚姻色に染まることからアカハラとも呼ばれている。
 ウグイとアカハラは別種と考えている人がいるがこれは間違い。アカハラともなると釣り大会では身長と重量が稼げることで賞の対象として人気が高い。 淡水型と降海型があり、見た目はスマート魚だが、雑食性で意外にたくましさも備えている。ちなみにウグイの名前の由来は、「鵜が食う魚」から鵜食い(ウグイ)。