「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年4月号 群来

 今年も小樽から石狩にかけて海岸線が乳白色に染まる群来(くき)の現象が見られた。
 群来とはニシンが浅瀬の海藻に卵を産みつけるために海岸近くに大群で押し寄せることを言うが、乳白色の正体は実はオスのニシンの精子なのである。
 テレビなどの空撮を見るとあんなに広い範囲で白くなる…と驚かされるが、小樽の友人に聞くと昔はもっと沖までこの状況が見られたそうで、さらに漁獲期になると浜にニシンを手で拾いに行ったものとなつかしい話をしてくれた。それだけニシンが獲れたということだが、それを家々の軒先につるし、干したのが身欠きニシン。当時は春の風物詩であった。
 ところでニシンという名の由来は、身を二分して背の方を食べ、脂肪分の多い腹を肥料にしたことから二身(ニシン)。また数の子は子孫繁栄の願いから食べたので妊娠(ニシン)魚。アイヌ話でニシンをヌーシィということからニシンという説までいろいろ。漢字では代表的なのが鰊、鯡。一方では春に獲れることから春告魚とも書く。
 食べてはいまが旬なのでどう料理してもうまいが、最近のニシンは身がやや柔らかいのでこってりした味付けの煮つけをお薦め。また、柔らかさを利用して刺身も美味。塩ふりの焼き物は昔のようなダイナミックさがなく、どうも頼りなさが残る。