「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年8月号 スズキ

夏釣りの対象魚といえばハモやソイ、ハチガラといろいろあるがスズキもその一種だろう。ただ残念なことに北海道では道南沿岸でしか釣れない。本州では昔からスズキのルアーフィッシングが盛んでヒットさせてから取り込むまでのスリリングなやり取りはたまらないという。それは大物のソイを釣った以上とかで、筆者が山形の庄内地方に住んでいた少年の頃、30センチぐらいのスズキを釣った時も子供の手には負えないほどの強烈な引きであった。しかしながら30センチ前後ではそれはスズキではなく幼魚のセイゴだったのだ。
 そう、スズキは出世魚として知られ、関東ではセイゴ↓フッコ↓スズキ。関西ではセイゴ↓ハネ↓スズキと名が変わる。スズキと呼ばれる資格は50~60センチを言い、大きなものになると1メートルにも達する。 また、スズキの「エラ洗い」という言葉は有名で、エラを立て何度もジャンプして尖ったそのエラでハリスを切るのなどは朝飯前。こんなところが釣り人を魅了するのだろう。
 あまり知られていないイシナギという魚もスズキ科でその兄弟分。道南地方に多く生息して漁師たちはオオイヨあるいはモイと呼んでいる。成熟した魚の卵巣には毒素があって食べると中毒の恐れがあるので要注意。対してスズキは安全な魚で、締まった白身はシコシコした食感があり洗いや刺身にすると最高。塩焼き、椀ものもイケる。