「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年11月号 ブリ

この数年、ブリ釣りがブームである。昔は北海道沿岸ではあまり捕れたり、釣れたりしない魚だったが、最近は海水温の変化からか、よく見かけたり、手にすることができる。なにしろ60~80センチ(最大は120センチの記録がある)の巨体をあげるのだからその釣り味は満点。まるでマグロを釣ったような気分である。
 ブリは出世魚として知られ全国的にはさまざまな呼び方があるが、一般的に北海道ではフクラギ→イナダ→ハマチ→ブリ。また東日本ではワカサ→イナダ→ワラサ→ブリ。西日本ではツバス→ハマチ→メジロ→ブリとなる。アジ科で温帯性の回遊魚。食べては刺身はもちろん照り焼きは有名。かまの塩焼きもうまい。
 一方、ブリにそっくりな魚が同じアジ科のヒラマサ。海内ではなじみの薄い魚だが素人では見分けがつかないほど似ている。ハリ掛かりすると沖に向かって真っすぐ突進するので最高のファイター。経験者によると「一度この釣りをやったらやめられない」という。ブリより温かい海を好み、群れはつくらず比較的少数で回遊する。市場ではブリより高級魚とされ、舌にとろけるような刺身の味は最高の評価がある。このほか大型のアジ科にはカンパチ、ツムブリ、シマアジなどがいる。残念ながらいずれも北国では不可能な釣りなのだが、本州に遠征してもやってみる価値がありそう。