「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月号 七つ星

 別名を七つ星と呼ばれるマイワシはサンマとともに秋の味覚。その七つ星の由来は体の側面に七つの斑点(それ以上多いものもいるが)が並ぶことからくるなんともロマンチックなネーミング。漢字では肉が軟かく傷みやすいことからか鰯、鰮と表す。
 日本近海にはイワシと呼ばれる魚は3種生息してマイワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシ。ただ、魚売り場に並ぶのはほとんどがマイワシだ。ニシン科に属し、手で握ると銀色に輝く鱗がつくのがその証拠。夏の終わりごろから晩秋に回遊するものが、脂がのり美味で栄養価も高く良質のタンパク質に鉄分や各種ビタミンを多く含み、悪玉コレステロールを排除する効果や成人病予防に役立ってくれる。人間だけでなくクジラ、マグロ、カツオが栄養満点のイワシを追い捕食していることでもうなずける。
 食べ方も多種多彩でマイワシは焼き物、つみれ汁、新鮮なものはしょうが醤油での刺身がお勧め。カタクチイワシは煮干しが代表だろう。ウルメイワシは軽く干し焼くとうまい。地中海で獲れるアンチョビーも近縁種でオリーブ油で漬けた缶詰はイタリア料理に欠かせない食材。しらす、ちりめんじゃこはイワシの小さなもので、有名な畳イワシはしらすを板に海苔状にして干し上げた食品。コノシロ、ママカリ、キビナゴもイワシの近縁の仲になる。