「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 釣り > 魚よもやま話
写真

よもやま話

阿部 明
昭和14年12月生まれ
37年スポーツ新聞社に入社、高校野球などの一般スポーツほかプロレス、競馬、釣り記者を経て現在に至る。記者歴37年。北海道スポーツ記者倶楽部会友。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年2月号 あんこう

 魚体が丸みを帯びているせいかこの魚は、アンコウより平仮名のあんこうの文字が似合う。カジカと並んで鍋物がうまく、漢字では鮟鱇。カジカ(鰍)は秋だがアンコウの一番の旬は冬。寒い冬の夜にこれをつつくとたまらない。昔はなかなか手に入りにくい食材であったが最近は今の時期だと市場に出回り気軽に購入できるようになった。それも部位ごとに捌き、ていねいに「七つ道具」の説明付き。
 アンコウの七つ道具とは身と肝臓、えら、ひれ、皮、布(卵巣)、袋(胃)のことでこれが揃わないとうまい鍋にはならないのだそう。特に皮の部分のべろべろ感は食通の人にいわせると逸品とか。女性の人たちにはコラーゲンが豊富とかで好まれている。また、肝臓を蒸したものをあん肝といいこれも絶品。魚体を卸す際もまな板では滑って難しいことから「吊るし切り」して捌いていくのはおなじみでアンコウならではの料理法。
 北海道で多く獲れるのはキアンコウで本アンコウよりおいしいとされる。日本海に多く生息、余市や石狩産が市場に多く出回る。貪欲な魚でホッケなどの魚類からイカ、タコ、ヒトデ、ウニなど〝口〟当たり次第飲み込む。時には海鳥さえ食うという話も。それだけに全長1メートルも珍しくなく、それ以上の特大サイズもいる。ただし、人間の小心者を「あんこう武者」というのだそう。