「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 編集部日記

集部日記

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010-03-13 3K職場

 月刊誌「北方ジャーナル」のブログ(3月10日)を拝見したところ、締め切りで徹夜明け、ボサボサ頭のオッサンが妙な朝食を食べていました(ごめんなさい)。文中には「臭い」とあります。

 弊誌編集部もまったく同じ状況で、3月8日朝までにすべての原稿が入稿していなければならないのに、実際は翌日午後の検版が過ぎても終わっていないものがいくつもありました。たいていの記者が2日、3日徹夜、または会社に泊まり込み、応接室等でホームレスのように眠りこける姿が散見されていました。これも毎月のいつもの光景です。

 雑誌社の編集部というのは、どこも3K職場ということのようですね。キタナイ、キツイ、カッコワルイ!――でも、そんな3Kの最たるもの=「財界さっぽろ」編集部に今年も、新卒記者が4月1日に入ります。当初は2人採用の予定でしたが、入社は1人です。先日、会社に来てもらい先輩記者全員と顔合わせを済ませましたが、弊誌編集部は“変な人間”が多いので、恐れをなし(嫌気がさし、かな)、本当に4月1日に姿を現すのか、いささか心配です。

 また、私たちがヘトヘトになりながら執筆・編集した「財界さっぽろ」4月号は3月15日(月曜日)に発売されます。私個人的には前楽天監督・野村克也さんのインタビューをぜひ読んでもらいたいと思います。野球ファンのみならず、企業の経営者、管理職のみなさんにとっても示唆に富んだ内容になっています。……そのほか、政治・経済・社会に関するお宝情報が満載!!!  (酒井雅広)