「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 編集部日記

集部日記

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009-07-28 仕事がら、いろいろな経営者にお会いします。

 仕事がら、いろいろな経営者にお会いします。まさに「企業は人なり」で、トップの姿勢がそのまま企業のカラーになります。経営者を見れば、その企業の将来も何となく想像がつくものです。
「栄枯盛衰」「盛者必衰」とはよくいったもの。好調のときこそ自らを省みなければなりません。なぜなら、周りはものを言わなくなるから。でも、これはできそうでなかなかできないようです。逆説的にいえば、慢心して倒れていく企業があるからこそ、その業界に新陳代謝があっていいということかもしれませんが……。
 経営者の悩みは人材に尽きます。失業率が高くなろうと、有効求人倍率が低くなろうと、企業は常に“いい人材”を求めています。
 職がないと嘆いている若者よ。大企業は無理でしょうが、それ以外はいい人材を採りたくてうずうずしています。興味があって、頑張れそうな職があれば、その企業が正式に人を募集していなくても訪問することを勧めます。
 だめでもともと。しかし、この手の話は、決まるときはこともなげに決まってしまうものです。そもそも、出会いというものはそういうものなのですから。世の中には偶然のようでも必然だったということが多々あるものです。
 結局のところ、行動を起こすか起こさないか。起こせば自ずと道は開けます。(鈴木正紀)