「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 注目の企業

目の企業

このエントリーをはてなブックマークに追加

鶴雅ホールディングス掲載号:2020年1月号

写真大 専属ガイドが同行するアドベンチャーツーリズム

写真 湖面が花のように凍る「フロストフラワー」は阿寒湖ならでは 写真 旅の出発点となる「鶴雅アドベンチャーベースSIRI」 写真 3万4000人を超える観光客が訪れた「カムイルミナ」

アドベンチャーツーリズムで北海道を世界に発信

 阿寒を、北海道を世界に誇るリゾートに――。
 創業の地である阿寒エリアのブランディングを図ってきた道内観光大手の「鶴雅ホールディングス」。近年は「アクティビティ」「自然」「異文化体験」をキーワードに、海外富裕層に向けた長期滞在型のアドベンチャーツーリズムを提供している。
 地域活性化の起爆剤としても期待されており、19年は〝チーム阿寒〟で異文化体験のメニューを強化。大西雅之社長が代表を務め、JTBや阿寒湖温泉旅館出資組合、阿寒観光協会まちづくり推進機構などが株主となっている阿寒アドベンチャーツーリズムでは、体験型ナイトウォーク「カムイルミナ」を開催。阿寒湖アイヌシアターでは、アイヌの伝統舞踊を披露する新演目「ロストカムイ」の上演もはじまった。
 傘下の温泉宿「あかん湖 鶴雅ウイングス」内には、アドベンチャーツーリズムの拠点となるトラベルデスク「鶴雅アドベンチャーベースSIRI」を18年に開設。案内カウンターとしてトレッキングやフィッシングなど、専属ガイド同行のもと国内外の多くの観光客に雄大な自然を体感させてきた。こうした取り組みも相まって阿寒エリアの認知度は向上。〝世界の阿寒〟へと進化を遂げつつある。
「学ぶ・体験する楽しさを発信していく。将来的には道内13カ所すべての運営ホテルにSIRIを設置し、北海道全域をアドベンチャーツーリズムで元気にしたい」と大西社長は意気込む。 

基本データ

住所:
釧路市阿寒町阿寒湖温泉4丁目6‐10
TEL:
0154・67・2531
URL:
https://www.tsurugagroup.com/

(五十音順)