「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 注目の企業

目の企業

このエントリーをはてなブックマークに追加

西野学園掲載号:2020年1月号

写真大 介護福祉士などを養成している「札幌医学技術福祉歯科専門学校」

写真 産・学・官が連携した移住入学制度

「産学官」連携で地域活性化移住入学制度をスタート

 2つの幼稚園と、医療・福祉に特化した4つの専門学校を運営。介護福祉士の養成など、高齢化社会に必要とされる人材を送り出している。
 ただ、特に福祉の現場では札幌圏でも人材の供給が追いついていないのが現状。地方はさらに深刻な人材難に陥っている。
 こうした状況を受け、かねてから介護福祉士実務者研修などを委託されていた士別市とともに「移住入学制度」を立案。20年4月入学の学生募集を開始している。
 この制度に参加するのは士別市と同市内の3つのグループホームだ。移住入学の学生は「札幌医学技術福祉歯科専門学校」で介護福祉士の国家資格を取得後、士別市への移住と3グループホームのいずれかへの就職を条件に、在学2年間の授業料約170万円を就職先と同学園が負担してくれるという仕組みだ。また、移住後も3年間にわたって市の助成を受けられる。
 産・学・官が連携し、地方の人口減少や労働力不足の打開策になり得るのが、この新スキーム。8月には後志管内蘭越町も同町内の3施設とともに参加を表明し、人材確保に乗り出している。
 前鼻英蔵理事長は「少子高齢化で疲弊している市町村は多い。今後は自治体や施設の意見なども聞き、対象となる医療・福祉系資格の拡大も検討しています。若い働き手が地域に活気を与えるこの制度を多くの地方自治体に活用してほしい」と呼びかける。

基本データ

住所:
札幌市中央区北4条西19丁目1‐3
TEL:
011・616・2234
URL:
https://nishino-g.ac.jp

(五十音順)