「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 注目の企業

目の企業

このエントリーをはてなブックマークに追加

玄米酵素掲載号:2019年1月号

写真大 鹿内正孝社長(右)と道見重信相談役兼コーケン社長

写真 玄米酵素「ハイ・ゲンキ」シリーズ 写真 20年を迎える「FBRA(ふぶら)」研究会 写真 企業に出向き「食と健康セミナー」を開催

〝健康教育企業〟として、一社一社にあったサポートを

「玄米酵素『ハイ・ゲンキ』シリーズは一民間企業としては稀な科学的検証を繰り返してきた健康食品です。長きにわたり愛食する人が多い」と鹿内正孝社長。近年は道産ハスカップを使用した製品を加えるなど、シリーズのバージョンアップも図っている。

 商品は医療・施術関係が取り扱う特約店が500件を超え、学会の論文などにも登場。玄米発酵食品「FBRA(ふぶら)」の学術的研究も19年に20年を迎える。

「1つの商品を長く研究できたのは誇りです。真面目にやり続けたことが医療関係や行政などに評価されたのだと思います」と道見重信相談役。

 事業内容は近年、広がりをみせている。18年2月には経済産業省・日本健康会議の「健康経営優良法人2018」(中小規模法人部門)の認定を受けた。全国各地でおこなっている健康講座は18年、2万回を開催。健康自然食料理教室など、食育にも取り組む。同社の根本は「食すなわち命なり」という医食同源の理念。

「当社の社員が講座などをおこなっています。〝健康教育企業〟を打ち出し、マス(大衆)向けの視点ではなく、一社一社、一人ひとりにあった健康の提案、サポートをしていきます。もっともっと当社を活用してもらいたいです」と鹿内社長。

 19年は「予防・未病」を掲げ、これまでの研究をもとに産学官との連携を進める。

基本データ

住所:
札幌市北区北12条西1丁目1‐1 第1酵素ビル
TEL:
011・736・2345
URL:
https://www.genmaikoso.co.jp/

(五十音順)