「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 注目の企業

目の企業

このエントリーをはてなブックマークに追加

山藤三陽印刷掲載号:2019年1月号

写真大 「永続企業を目指す」と松岡孝幸社長

写真 札幌市西区にある工場を併設した本社社屋 写真 「女子手作り部」が講師を務めたワークショップ 写真 「まいぷれ」の普及に力を入れている

ペーパーレス時代にデジタルとアナログの融合で脚光

 創業から120年以上を数える老舗印刷会社。近年はデジタルとアナログの融合をテーマに、オンライン印刷サービス「Do!Print (ドゥ プリント)」などの他、AR技術を駆使した商品などを市場に投入している。

 18年は、ネット集客ツールとして全国展開する地域情報サイト「まいぷれ」の西区・手稲区の販売代理店となり、地域情報を発信。松岡孝幸社長は「地域密着型企業として地域の活性化に寄与したい。北海道では『まいぷれ』の知名度はまだまだですが、周知させていく」と語る。

 一方、オリジナルの手紙やカードのDIY方法などを紹介するWEBマガジン「コッタラベッコ」も好評。女性社員で結成した「女子手作り部」のハンドメード作品は、業界内外で高評価を獲得した。子ども向けのワークショップで講師を務めるなど、全国のイベントにも引っ張りだこだ。

「ペーパーレスが進む中、〝紙〟の素晴らしさを伝えることが使命」と松岡社長。

 社内改革にも着手。システムの改善や部門統合、自社工場の稼働率向上などで業務効率化と迅速化、コスト削減につなげている。また、新年は5人の新卒を採用する他、管理職向け研修も計画している。

「職場環境改善は生産性の向上につながる。将来を見据えて投資していきたい」と松岡社長は意気込む。

基本データ

住所:
札幌市西区宮の沢1条4丁目16‐1
TEL:
011・661・7161
URL:
https://www.sando-sanyo.co.jp

(五十音順)