「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 注目の企業

目の企業

このエントリーをはてなブックマークに追加

千歳相互観光バス掲載号:2017年1月号

写真大 新戦力のドライバーと整備士たち

写真 新千歳空港行きの路線バス。 利用者増加を目指す 写真 道南バスとともに運行する勇舞空港線 写真 新千歳空港のテナント責任者に路線をPRする中村社長

ドライバー養成に傾注し、さらなる成長を目指す

 創業41年目の「千歳相互観光バス」は、千歳市内の路線バスを主軸にスクールバス、観光貸切バス、霊柩事業を展開している。

 新たなステージに入った同社の成長戦略の核は、人材の育成だ。バス業界においてドライバーの高齢化など人材不足が深刻化している中、16年は観光貸切バスのドライバーとして11人、整備士1人を採用。未経験者も積極的に採用しており、大型二種免許の取得を全額補助している。

 専任の教官を配置し、習熟度に応じた個別トレーニングなどを実施。17年も10人程度を採用予定で、次代を担う人材を養成している。

 また、16年10月からは、千歳市内のバス路線を再編。目玉は、道南バスとともに運行を始めた「勇舞空港線」だ。千歳市で人口増加率が最も高い新興住宅街の勇舞地区と新千歳空港を結ぶ同路線は、空港への〝通勤の足〟も担っている。

 同社では、空港に出店しているテナントの責任者会議に出席し、路線をPR。さらに道南バスとともにPR部隊を編成し、バス停付近の住宅を個別訪問してバスマップや時刻表を配布していく予定だ。

 中村敬臣社長は「新路線は大きな可能性を秘めているので、精力的に利用促進に努め、空港で働く人たちの利便性向上にも寄与していきたい」と力を込める。

 

基本データ

住所:
【本社営業所】千歳市里美2丁目1‐5/【札幌営業所(貸切)】北広島市輪厚431‐3
TEL:
【本社営業所】0123・28・8822/【札幌営業所(貸切)】011・377・8811
URL:
http://www.chitose-bus.co.jp/

(五十音順)