「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 注目の企業

目の企業

このエントリーをはてなブックマークに追加

セコマ掲載号:2020年1月号

写真大 飲み比べにも適したサイズで道産日本酒の魅力を再確認できる

写真 日本各地から集めた特徴ある地酒を販売 写真 コンビニ業界道内トップシェアの「セイコーマート」

小容量ボトルで道産日本酒の市場拡大を応援

〝おいしい、手ごろな価格のワイン〟は「セコマ」の代名詞。新市場を開拓し、道内にワイン文化を根付かせた立役者だ。EPA関税撤廃の恩恵を受け、19年2月からは、良質で手ごろな価格のワインがさらに充実した。
「十勝ブランデーハイボール」「北海道美瑛町産ハスカップサワー」「北海道余市町産 完熟トマト酎ハイ」など道産素材を使ったアルコールも開発。夏場の期間限定の「北海道メロンサワー」は毎シーズン、発売を心待ちにしているファンが多い。
 その同社が19年12月から、道産酒を中心に、日本各地の特徴のある地酒の販売を始めた。冷蔵のアルコール売場を拡大し、小容量300ミリリットルサイズの清酒を販売する。
 背景にあるのは日本酒の潜在需要。最近は、日本酒にこだわりを持ち〝呑み比べ〟を楽しみたい人が増加している。また、道外からの観光客や訪日外国人客も道産酒に興味を持ち〝サケ文化〟を堪能し始めた。
 店舗によって異なるが、初回は10種の銘柄を用意。道産5種、道外5種のラインアップで、純米や純米吟醸を中心とした各地の特色ある味わいを試すことができる。
 酒造好適米である「吟風」や「彗星」を中心に道産米を使ったものが4種。高砂酒造は同社のために300ミリ㍑ボトルを特別に製造するなど、酒造メーカーも力が入る。
 道産の米と水でつくった日本酒のおいしさを伝えるとともに道産原料の消費拡大、新市場開拓を目指す。

基本データ

住所:
札幌市中央区南9条西5丁目 パーク9・5ビル
TEL:
011・511・2796
URL:
https://secoma.co.jp

(五十音順)