「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 注目の企業

目の企業

このエントリーをはてなブックマークに追加

シーピーエス掲載号:2020年1月号

写真大 国分北海道と共同開発したレトルトカレーのパッケージ

写真 旭髙砂牛カレー 写真 オータムフェスト2019にも出店した 写真 仕出し弁当 写真 旭川市内での出張販売

「旭髙砂牛」などの肉を手軽に味わえる新店舗を計画

 道産の未活用食材のブランディングなどをおこなうシーピーエス。近年は旭川産のブランド牛「旭髙砂牛」の商品化に傾注している。
 19年はさらなる販路拡大に取り組み、食品卸大手の国分北海道と共同でレトルトカレーを開発した。
 また、ブランドの認知度を高めるため札幌大通公園で開催されたオータムフェスト2019にも初出店。「北海道はーべすとグリル」の屋号で旭髙砂牛の料理を販売した。ホクレンの掲げる肉の普及キャンペーン「にくのくに北海道」ともコラボレーションして、道内各地のブランド牛や豚も取り扱った。
 このほか上川管内では、ケータリング用の弁当も人気だ。旭髙砂牛のほか地元の全13JA産の食材を活用しているのが特長で、会議や研修での需要が増えている。ランチタイムの出張販売もする。
 20年は、テイクアウトを主体にした新店舗を立ち上げる。旭髙砂牛を中心にした各種精肉や総菜、弁当を販売するほか、イートインも設けて定食も提供する計画。場所は既存のセントラルキッチン(札幌市北区)を利用する。家庭の台所では調理しにくい炭火焼きや揚げ物などを充実させる。
 さらに20年春には旭髙砂牛を使った乾麺「牛骨だしラーメン」を販売するなど、さらなる新商品開発にも余念がない。

基本データ

住所:
札幌市中央区南3条西10丁目 福山南三条ビル1階
TEL:
011・280・7411
URL:
http://www.cps-1.co.jp/

(五十音順)