「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 注目の企業

目の企業

このエントリーをはてなブックマークに追加

システムデザイン開発掲載号:2019年1月号

写真大 ネパール・カトマンズ郊外の種芋畑

写真 種芋畑で運用中の「ネクサグ」のデータロガー 写真 地域未来牽引企業に選出され、世耕弘成経済産業大臣(左)と握手する菅野滿社長 写真 「こころメイト」はデジタルペンにも対応。情報管理の負担を軽減する

農業、メンタルチェック分野での展開をさらに拡大

 創業34年目のIT企業。ソフトウェア開発やクラウドサービスの提供で企業の業務の効率化やコスト削減を支援する。18年は経済産業省の「地域未来牽引企業」にも選定。地域経済牽引の担い手候補企業となった。  

 農業分野では、クラウドを活用した農業管理サービス「ネクサグ」が海外展開を始めた。「NPO法人農業開発研究会」の営農指導の一貫として、同サービスのデータロガーをネパールの首都カトマンズ郊外の村に設置。気温、湿度、降雨などを常時モニタリングしている。

 蓄積したデータを分析活用することで生産の効率アップ、新規就農者へのノウハウ継承などが容易になると期待されている。19年はベトナムでも運用される予定だ。

 一方、クラウドを使ったストレスチェックサービスの「こころメイト」の利用も拡大した。国が従業員のメンタルチェックを法律で義務づけたことから開発。これまでに約8万人が利用している。

 19年は個人だけではなく、部署単位での分析もできるようにする。メンタルクリニックなど医療関係者の指導のもと質問内容も増やすなどして、分析の精度を高めていく。

 さらに農家や直売所向けの販売管理サービス「toreta」は、海外のクレジットカードや電子マネーにも対応できるように改良予定。インバウンド需要にも応える。

基本データ

住所:
札幌市中央区南1条西10丁目1‐2 SDDビル
TEL:
011・281・6770
URL:
http://www.sddgrp.co.jp/

(五十音順)