Catch! Breaking News

東南アジア進出。2022年1月マレーシア、3月シンガポールへ出店

 株式会社ニトリホールディングス(札幌市北区、代表取締役社長 白井俊之)は、東南アジア地域への出店を始めます。まず、マレーシア、クアラルンプールに「NITORI LaLaport BUKIT BINTANG CITY CENTRE店」を2022年1月にオープン、次いで、シンガポールに「NITORI ORCHARD店」を2021年3月にオープンいたします。

 ニトリグループは、「住まいの豊かさを世界の人々に提供する。」ことをロマンとし、2032年までに3,000店舗、売上高3兆円を達成するというビジョンを掲げ、住まいに関わる家具、ホームファッション関連商品を取り扱う「ニトリ」に加え、生活必需品を中心に人気の高いホームファッション商品を取り扱う「デコホーム」、エクステリア商品も取り扱うホームセンター「島忠」、大人の女性向けアパレルブランドを取り扱う「Nプラス」等を展開するグループです。日本に692店舗、中国、台湾、米国に88店舗を有しています。この度の東南アジア地域への出店も含め、それぞれの地域での更なる出店、 EC事業の拡大を通し、更なる成長とロマンとビジョンの実現を目指しています。 

 東南アジアでの第1号店は、マレーシアに初出店される「ららぽーと」に2022年1月に出店いたします。マレーシアの第2号店は、2022年夏季にオープンを予定しています。

 シンガポールの第1号店についても概要が決定いたしました。2022年の3月に最大の目抜き通りであるオーチャード通りにオープンいたします。 

グローバル販売事業を加速するニトリの東南アジアマーケットへの本格進出の手始めとしての店舗オープンです。今後5年間に、マレーシアで20店舗、シンガポールで10店舗の出店を予定しています。

※マレーシア1号店、店内イメージ

 

※三井不動産様ご提供

マレーシア1号店 2022年1月オープン

建物名  :LaLaport BUKIT BINTANG CITY CENTRE

住所   :No.2, Jalan Hang Tuah, 55100 Kuala Lumpur, Malaysia

※店舗概要の詳細は確定次第、改めてご案内いたします。

寝具寝装アイテムに特化した「Nスリープショップ」をオープン

 「Nスリープショップ」は、より快適な眠りをお客様に提供することをコンセプトに、心地よい睡眠を追求し自社開発したオリジナルマットレスや枕、暑い夏でも涼しく寝ることが出来る冷感寝具、ホームディフューザー等を販売している専門店です。1号店には、その他家具・ホームファニシングを取り扱うエリアも併設しています。

マレーシア2号店 2022年夏オープン 

建物名  :IOI CITY MALL

住所   :Management Office, Unit T2-3A-3 & Unit T2-3A-3A, Level 3A,

IOI City Tower Two, Lebuh IRC, IOI Resort City, 62502 Putrajaya, Sepang, Selangor.

※店舗概要の詳細は確定次第、改めてご案内いたします。

※マレーシア2号店、店内イメージ

シンガポール店舗 2022年3月オープン 

建物名  :COURTS Nojima The Heeren

住所   :Level 4, The Heeren,260 Orchard Road Singapore 238855

※店舗概要の詳細は確定次第、改めてご案内いたします。

 

※シンガポール1号店、店内イメ―ジ

(株)ニトリホールディングス会長兼CEO似鳥昭雄のコメント

 当社は、「住まいの豊かさを世界の人々に提供する」ことをグループのロマンに掲げ、「安さ、品質・機能、コーディネーション」をあわせ持つ「お、ねだん以上。」の商品・サービスを追求することでその実現に向けて取り組んできました。この度の東南アジアでの出店は、その一環をなすものです。著しい経済成長が見込まれている東南アジア地域のお客様にニトリの商品をお届けすることができるようになることを大変嬉しく思っています。

(株)ニトリホールディングス取締役グローバル商品本部本部長兼グローバル販売事業推進室室長海外販売事業管掌 武田政則のコメント

 ニトリグループは「お、ねだん以上。」を可能にするために、商品の企画から製造、物流、販売までを自社でプロデュースする独自のビジネスモデルを展開しています。90%以上の商品が当社独自のプライベートブランド商品であると同時に、多くが東南アジアを含むアジアの国や地域で製造されたものになっています。そのため、東南アジア地域での活動は20年を優に超え、大変多くのビジネスパートナーや自社の工場、グループの商社を有しています。この度の出店は、このように非常に関係の深い東南アジア地域において、販売事業も始めるということで大変嬉しく思っています。

NITORI RETAIL (MALAYSIA) SDN. BHD. バイヤーCK Limのコメント

 私は2004年にニトリのマレーシア調達会社に入社いたしました。当時のニトリはまだ日本で100店舗しかありませんでした。今までは「日本の方々」に豊かな暮らしを提供するために、マレーシアを含め、東南アジアの国々から商品を調達し、品質管理の仕事に関わってきましたが、ニトリがどんどん成長し、ついにマレーシアにも店舗ができるようになり、自分の国で販売が始まることは大変感慨深く感じています。今後は、家族・親族・友人にニトリのことを知ってもらい、マレーシア、東南アジア、そして「世界の人々」の豊かな暮らしに貢献ができるように尽力してまいります。

似鳥国際奨学財団卒団生 ヒュー・ブンヤンさんのコメント

 マレーシアでの初出店おめでとうございます!大学院在籍中に、似鳥国際奨学財団からご支援いただき、自身の研究活動に全力を注ぐことができました。また、奨学生として学んだことが、自身のロマンを考えるきっかけになりました。この感謝の気持ちを込め、今後もニトリが「ロマンとビジョン」を達成し、世界中で多くの人々に豊かな暮らしが提供されることを、心からお祈りしております。

ニトリグループについて

似鳥国際奨学財団について

 似鳥国際奨学財団は、「ニトリグループが描くロマンの実現に、大きな力を貸して下さったアジア諸国の方々へ恩返しをしたい」という思いから、 (株)ニトリホールディングス創業者である似鳥昭雄が私財を寄附し、2005年3月に設立。設立から給付型奨学金(返済義務のない奨学金)の支援を国内・海外を問わず、さまざまな形で広げてきました。国内からは自由応募、海外からは学校推薦で奨学生を選定。2022年3月末までに46の国と地域の8,030名に累計34.9億円の支援を見込んでいます。

関連コンテンツ

HDサイト https://www.nitorihd.co.jp/

統合報告書        https://www.nitorihd.co.jp/pdf/annual2021.pdf

似鳥国際奨学財団サイト  https://www.nitori-shougakuzaidan.com/

マレーシアECサイト https://www.nitori.my/

【現地お問い合わせ先】

NITORI RETAIL (MALAYSIA) SDN. BHD.

B-5-12, Plaza Bukit Jalil, Aurora Place, Persiaran Jalil 1, 57000 Kuala Lumpur, Malaysia.

担当:山本(+603 9765 1266)

【取材等のご協力のお問い合わせ先】

株式会社ニトリホールディングス広報部

TEL03-6741-1213

E-mail koho@nitori.jp