「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > アフター5ススキノ

AFTER 5 SUSUKINO 2020年6月号

このエントリーをはてなブックマークに追加


居酒屋料理やジンギスカン、ピザなどを予約制で販売
APRグループ

 APRグループでは、予約制で系列店の人気メニューを持ち帰りできるサービスを開始。ススキノから車で15分圏内(要相談)であれば、配達もおこなっている。
 好評なのが握り。人気店「おたる亭」の握りが食べられるため超人気となっている。価格は2000円~1万円。さらにザンギや焼き鳥などの居酒屋料理も豊富にそろえている。受け取りは「月夜のたぬき」(札幌市中央区南5条西3美松ビル2階)。
 また、ジンギスカンや焼き肉の盛り合わせも見逃せない。おすすめは「ご自宅ジンギスカンセット」(2~3人前・3500円)で、ラムロース9枚、生ラム6枚、塩生ラム6枚、特上肩ロース6枚、塩特上肩ロース6枚、ラムステーキ6カットと、焼き野菜やタレ、「やみつき七味」(1本650円相当)が付く。
 このほか、焼き肉盛り合わせ(3000円~1万円)や、そのまま食べられる丼料理やカレー(各800円)も販売する。こちらの受け取りは「北海道ジンギスカン蝦夷屋」(同南5西3北専プラザ佐野ビル1階)。
 さらに洋食メニューで人気なのが各種ピザ(1200円~3000円)。イタリア直輸入の石窯で焼いているのが特徴。このほかにステーキ、サンドイッチ、サラダも用意。受け取りは「ベティ64」(同南6西4APR64ビル1階)となる。
 受付時間は、午前11時30分から午後8時(ラストオーダーは午後7時30分)。配達は正午から午後8時(ラストオーダーは午後7時)。予約は全て電話番号011・513・5488まで。
 なお、配達料金は400円だが3000円以上の注文であれば無料。
 詳細は公式ホームページやフェイスブックを参照のこと。

■ TEL  

気分は南国。沖縄料理のテイクアウトが好評
うみんちゅぬやまんちゅぬ

〝道産子の口に合わせた沖縄料理〟が自慢の「うみんちゅぬやまんちゅぬ」。和食やイタリアン出身のシェフと専属の管理栄養士が監修したメニューが、リーズナブルな値段で味わえると好評の人気店だ。
「5月末まではテイクアウト・デリバリーに対応していますので、ぜひご家庭でも沖縄料理を味わってください」と語るのは新山徹マネージャー。
 代表的な沖縄料理の「チャンプルー(ゴーヤ・フー)」(740円)や「ソーキそば」(600円)、「活海ぶどう」(760円)などの人気メニューをそろえ、外出自粛で連休を満喫できなかった人も手軽に旅行気分を味わえる。
 他にも、ラフテーやゴーヤチャンプル、オリオンビール漬けからあげ、軟骨ソーキの照り焼き、もちもちドゥル天などが入ったお弁当「琉球デラックスセット」(1280円)など、この機会にしか購入できないお得なセットメニューもそろえた。
 テイクアウト・デリバリーの受付時間は正午~午後9時まで。配達は札幌市中央区南1~3西1~6丁目のエリアだが、10点以上の注文に限りエリア外も対応可能。
 なお、店舗の営業時間は午前11時~午前0時まで。

■札幌市中央区南3条西1丁目フロンティアビル3階 TEL011・219・2319  

最高級の「えぞ但馬牛」を自宅で味わう
ステーキ&ワイン いしざき

 札幌で人気の高級黒毛和牛を堪能できる「ステーキ&ワインいしざき」。
 牛肉は市場になかなか出回らない江別育ちの黒毛和牛「えぞ但馬牛」を使用。霜降りの部位は、脂にくどさがなく、口に旨みが広がりながら徐々に消えていく軽さが特徴だ。
 そんな高級和牛が自宅でも楽しめるよう、ランチタイム(午前11時~午後3時)とディナータイム(午後3時~同7時)を設けて、それぞれ専用のテイクアウトメニューを提供している。
 メニューは、黒毛和牛のハンバーグランチ(1500円)をはじめ、上カルビ、特上カルビ、カイノミ、サーロイン、ヒレなど、部位別に選べる。
 また、サーロインステーキ、ヒレステーキ、シャトーブリアン(各200グラム)や伊勢海老のソテーなどもある。
 高級黒毛和牛を最高の状態で食べてほしいとの考えから、つくり置きをせず、できたてを提供しているのもこだわりの1つ。そのため、でき上がりまで20~30分かかるので、事前の予約をおすすめしたい。
 なお、デリバリーは中央区内に限定。ランチタイムは5000円以上、ディナータイムが1万円以上の注文からの受け付けとなる。
 店内飲食の営業時間は午後5時~同11時30分。日曜定休。

■札幌市中央区南4西3ニュー北星ビル4階 TEL011・222・0298  

スープが自慢の博多水炊きを手軽に楽しめる
とりっくす

 落ち着いた和の空間で博多料理を味わえる「とりっくす」。鶏ガラを8時間じっくり煮だした自慢のスープが絶品の「名物博多水炊き」が人気の店だ。
 この本場の味を自宅で楽しめると好評なのが同店のテイクアウト。毎日、丹精込めてつくるスープと肉、野菜、シメのちゃんぽん麺のセットを1人前1500円で提供。他にも人気の「痺れる麻辣鍋セット」「博多もつ鍋セット」も同額で販売中だ。
 また、同じビルに入居する系列店「札幌肉酒場VOLTA」と「Caratto」のメニューも持ち帰りが可能。看板メニューの「肉寿司盛り合わせ(3~4人前、3980円)」や「大好評!絶品カツサンド」など、人気メニューがお得な金額で提供されている。
 テイクアウトの受付時間は午後3時~同10時で、商品の受け渡しは同5時以降。6月以降も継続的にテイクアウト販売をおこなう予定だ。
 なお、店舗の営業時間は午後5時~午前1時まで。

■札幌市中央区南3条西3丁目G‐DINING札幌地下1階 TEL011・219・2319  

かまぼこの詰め合わせセットを期間限定販売
かね彦

「かね彦」は、創業102年を迎えた蒲鉾の製造販売会社。札幌市内に2店舗、苫小牧市内に1店舗の計3店舗を構えている。
 蒲鉾の主原料となるスケトウダラやワラヅカ、ホッケなどは道産魚をメーンに使用。生魚は3枚におろしてすり身にすることで、魚の味が引き立つ蒲鉾を仕上げている。
 商品は約400種類をラインアップ。人気商品は道産トウモロコシを混ぜてタレで焼いた「きびっこちゃん」と、ハムとチーズとパセリを煉り合せて燻製にした「スモークチーズハムKAMABOKO」だ。
 また、期間限定で「かまぼこ詰め合わせセット」(全3種)を販売中。定番商品をはじめ、カニ、イカ、シャケといった自慢の蒲鉾を7~9種類詰め合わせた商品だ。
 同商品は店舗販売のほか、札幌商工会議所が新型コロナウイルスの経済対策の一環としておこなう、ネット通販「緊急在庫処分SOS!」(https://www.sos-sapporo-cci.org/)として販売中。在庫処分と打ち出しているが、どれも同社の人気商品だ。通販は全国送料無料で、店頭価格より2割引以上で購入できる。
 工場直売店の営業時間は午前8時30分~午後4時30分まで。日・祝定休。

■札幌市白石区東札幌6条1丁目2‐26 TEL011・823・1181