「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > アフター5ススキノ

AFTER 5 SUSUKINO 2019年10月号

このエントリーをはてなブックマークに追加


あくまで主役はワイン 本格イタリア料理店
ヴィネリア オザワ

 経営者や弁護士、ドクター御用達の「ヴィネリアオザワ」がプレイタウンふじ井(札幌市中央区南3西3 電話011・221・0300)3階に移転し、8月27日にオープンした。
 シェフの小澤唯治氏は、センチュリーハイアット東京のリストランテ「マキャベリ」で総料理長を務めた人物。北海道でイタリアンを広めた立役者でもある。
 あくまで主役はワインとし、2大イタリアンワインと称されるバローロとブルネッロをはじめ、イタリア本土20州から厳選した土着品種を豊富にそろえる。
 バローロなどの重めのワインには、シェフ特製の「山形牛ロースのタリアータ」がオススメ。A4ランクで脂は多めだが、黒コショウをきかせて、濃厚ながらもキレのある味わいに仕上げている。
 午後6時~同9時はシェフおまかせコース(1人5800円)のみ。同5時~同6時までと同9時~同10時のラストオーダーまでは単品の注文も可能。日・月定休。

■札幌市中央区南3西3プレイタウンふじ井3階 TEL011・221・0300  

かみふらの和牛を堪能できる個室焼き肉店
個室焼き肉 つばめ

「個室焼き肉 つばめ」は、かみふらの和牛が味わえる焼き肉店。地元客はもちろん、観光客の利用も多い。
 かみふらの和牛は、上富良野町で飼育された黒毛和種で、とろける脂が特徴。かめばかむほどうま味が出る。濃厚ながらも口当たりはスッキリしていて、脂が苦手な人でも箸が進む。
 中でも人気の「和牛特選ザブトン」(2500円)は、きめ細かくサシが入り、かみふらの牛の旨さをより感じられる逸品だ。
 加えてボリューム満点の盛り合わせ「つばめ」(9480円)や「花咲タンステーキ」(1300円)もおすすめしたい。
 肉に合うワインや地酒も豊富に用意。サッポロクラシックを含む飲み放題は、120分2000円となっている。
 営業時間は午後5時~午前0時(午後11時30分ラストオーダー)。水曜定休。

■札幌市中央区南3西3克美ビル3階 TEL011・596・9886  

シャチグループ15年ぶりの新店は大型ニュークラブ
クラブ ジャガーロ

「赤門倶楽部」「リオン」「レオーネ」「タイガ」「ジェネルー」と、5つの人気ニュークラブを展開するシャチグループが、9月9日に新店「クラブ ジャガーロ」をオープンさせた。
 同グループの新規出店は実に15年ぶり。満を持してのオープンとなった。N―PLACEビル4階の1フロアすべてを使った大型店舗で、店内は気品高く、ゴージャスな雰囲気。
 グループ各店の人気キャストに加え、新規採用も多数。さまざまなタイプの女性をそろえている。
 システムは1セット60分フリードリンク4800円(午後9時以降5800円)。
 営業時間は午後8時~午前1時。日曜定休。

■札幌市中央区南4西3N―PLACEビル4階 TEL011・213・0788  

原価チェーンの〝マボゲン〟が開店から3周年
幻花

 すすきのを中心に札幌市内で12店舗のスナックを運営している原価チェーン。
 これまで40年以上にわたり、地元のサラリーマン諸氏に愛され続け、観光客の来店は9万人を突破。個性豊かで優しい女性たちがグループの飲み会を盛り上げ、1人飲みでも楽しい時間を一緒に過ごしてくれると人気だ。
〝マボゲン〟の愛称で親しまれている「幻花(げんか)」が、8月でオープンから3周年を迎えた。
 8月19・20日におこなわれた記念イベントには多数の常連客が来店。シャンパン、ワインで周年を祝ったほか、くじ引きやゲームなどで盛り上がった。
「旧6・4倶楽部から移転オープンして3周年を迎えることができました。これからもみなさまに愛される店づくりに努めてまいります」と田中裕美子ママ。 
 営業時間は、午後7時〜午前1時まで。日・祝定休。

■札幌市中央区南5西4アルトビル2階 TEL011・522・8838  

胆振地域の食材を使ったフェアを開催
ホテルオークラ札幌

 ホテルオークラ札幌では、9月末まで「いぶりフェア」を開催している。
 昨年「いぶり食のフルコース」と題してスタートしたこの催しは、胆振管内11市町の農水産物やブランド食材を使ったフェア。ホテル内の3つのレストランとラウンジで、ランチやディナーメニューなどで提供。
「レストラン コンチネンタル」では〝厚真町産放牧豚ロースのグリエ〟、「中国料理 桃花林」では〝むかわ町産ほべつすわいん豚ロース入りあんかけ焼きそば〟、「きょうど料理亭 杉ノ目」では〝安平町産夢民豚と野菜の炊き合わせ むかわ町産だるまいもあんかけ〟などがある。
 また「ラウンジ プレシャス」では、厚真町小林農園の平飼い卵を使った〝昔ながらのカスタードプディング〟や洞爺湖町産赤しそジュース〝ビエンナーレ〟を提供している。
 このほか、胆振地域の特産品などが当たる抽選会や、11市町の風景を写真で紹介するパネル展も開催する。

■札幌市中央区南1西5 TEL011・221・2333