「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > アフター5ススキノ

AFTER 5 SUSUKINO 2019年3月号

このエントリーをはてなブックマークに追加


オープンから56年を数える人気の日本料理店
旬彩 亘(わたる)

 日本料理店としてオープンから56年。本格的な日本料理を良心的な価格で味わえると人気を博し、ススキノとともに歴史を刻み続けてきた「旬彩 亘」。

 常連客の大半が4300円~1万800円の4つのコースを利用。品数はすべて8品(先付・八寸・刺身・焼物・煮物・預鉢・食事・水菓子) と豊富で、鮮度抜群の魚介類や京野菜を使用するこだわりぶり。職人技によって繊細な日本料理に仕上げている。地酒の種類も豊富で、料理に合わせて選べるのもうれしい。

 営業時間は午後5時30分から同11時30分まで。日曜定休。

■中央区南3西4五番街ビル6階 TEL011・251・4545  

自家製蕎麦と選りすぐりのワインを堪能
蕎麦とわいん 関

 2019年1月に移転オープンした「蕎麦とわいん 関」。中央区南4西5にある第4藤井ビルの4階から5階に移転した。

 自慢の蕎麦は空知管内北竜町産のそば粉と道産小麦をブレンドした自家製の更科蕎麦。香りとコシが際立つ逸品で、足しげく通うファンも多い。

 蕎麦と相性抜群のワインも厳選。リーズナブルなものから高級ワインまで幅広くそろえる。そのほかスパークリングワイン「シャンパーニュ」なども人気だ。

 玉子焼きや馬刺しなど居酒屋メニューも豊富。1軒目でもシメでも利用できる。

 営業時間は午後6時から午前2時(日曜・祝日は同1時)まで。不定休。

■中央区南4西5 第4藤井ビル5階 TEL011・252・7612  

長さ11メートルのバーカウンターでフルーツカクテルを堪能
THE LONG BAR

 黒御影石を使った11メートルのバーカウンターが目を引く「THE LONG BAR」。落ち着いた雰囲気で、1200種類もの酒が楽しめるまさに大人の空間だ。

 中でもこだわりのフルーツカクテルは出色。特に市場にはほとんど出回らないイチゴ「さちのか」を使ったカクテルは格別だ。仕入れ時期が限られており、味わえるのは6月までの期間限定となっている。

 店内は100席ある広々とした空間のため、ウイスキー、ワインなどの種類も豊富。中でもシングルモルトウイスキーは、通も満足のいく品ぞろえだ。

 また、店内奥には12人ほど入れる広さのカラオケ付きVIPルームが3部屋あり、こちらも好評。

 営業時間は午後6時から午前3時。日曜定休。

■中央区南5西3ANAホリデイイン1階 TEL  

おかげさまで10周年。これからも感謝を込めてお出迎え
ラウンジ ピュア

 伝説のマンモスキャバレー・エンペラーで司会者兼支配人を20年間勤めていた栗田美鳥ママが率いるピュアグループ。その2号店となる「ラウンジ ピュア」が開店10周年を迎えた。

 1月30日と31日の2日間おこなわれた「10周年感謝祭」には、エンペラー時代からの顧客のほか常連客らが多数来店。当日はバランタインを特別価格で提供するフェアを開催するなど大にぎわいとなった。

 栗田ママは「ラウンジ ピュアはグループ唯一の時間制のラウンジ。カラオケも充実していて本当にお安い店です。ここまで店を継続できましたのもみなさまの温かいご支援の賜物と心より感謝いたします」と謝意を述べた。

 営業時間は午後7時30分から午前0時30分まで。日曜・祝日定休

■中央区南6西4プラザ6・4ビル7階 TEL011・512・4554  

入会金は100万円! 噂のサロンがオープン
スペシャルクラブ

 昨年から噂になっていた店が、2月下旬にオークラビル6階にオープンする。

 メンバーと同伴者、メンバーから紹介されたゲストのみが入店を許される会員制サロンで、その名も「スペシャルクラブ」。

 入手した入会案内書を見てわが目を疑った。入会金は、なんと100万円也。

 すでに数十人の入会者がおり、著名な経済人などが名を連ねているらしい。

 同店を運営する登坂泰彰さんは、ススキノでクラブやラウンジ、レストランなどを展開する大手グループの幹部だった人物。ススキノ通なら、知っている人も多いだろう。

 早速、取材を申し込んだが撮影はNG。聞き出せたのは150坪の店内には、ラウンジの「ル サロン」、シャンパンバーの「サロンド シャンパーニュ」、日本酒バーの「サロンドSAKE」の3店舗が入っていること。シーンに応じて使い分けることになりそうだ。

 店内は美術館のような造り。高いもので数百万円するような絵画や骨董品、アート作品が展示され、購入もできるという。

「最高の空間とサービスをご用意しました。接待で、おひとりで、お忍びのデートにもお使いください。秘密保持には最大限の配慮をしています」と登坂さん。

 気になる入会方法は、原則的にはメンバーからの紹介。審査もあるというが、詳細は入会希望者にのみ直接伝えるとのことで、これまた取材NG。「われこそは」という人は011・211・8140へ電話して聞いてほしい。

■ TEL011・211・8140