「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > アフター5ススキノ

AFTER 5 SUSUKINO 2019年12月号

このエントリーをはてなブックマークに追加


昭和歌謡が流れる人気のミュージックバー
イエスタデイ ワンス モア

 昭和歌謡やJポップ、ディスコナンバーなど懐かしの曲を聴きながら酒を楽しめるミュージックバー「イエスタデイ ワンス モア」。
 若かりし頃に流行っていた曲、失恋の時に聴いていた曲……誰もが持っている思い出の一曲を聴いて〝あの頃〟にタイムスリップさせてくれる店だ。
 気分が高揚してきたら、カラオケもおすすめ。店主が音響や照明にこだわっているため、気持ちよく歌える。
 料金は飲み放題120分3000円(女性2500円、60分の場合は男性1800円、女性1500円)。11月27、28日は開店1周年を記念してさまざまなイベントも計画している。
 営業時間は午後8時~ラスト。不定休。

■札幌市中央区南4西5シャンゼリゼビル3階 TEL011・206・1455  

女性に人気のチーズティーをカクテルで提供
THE LONG BAR

 幅12メートルにわたる黒御影石のカウンターがトレードマークの「THE LONG BAR」。〝本物〟が放つ重厚感が落ち着いた空間に深みを与えている。
 取り扱う酒は1200種類以上。特に旬のフルーツを使った香り高いカクテルが人気だ。技術もさることながら市場にほとんど出回らない果物を用いることも多く、贅沢な味わいのとりこになる人が後を絶たない。
 11月20日からは新たなカクテルを提供する。それが女性に人気のチーズティーを用いたカクテルだ。
 近年、空前のタピオカブームが訪れているが、その次に流行すると目されているのがこのチーズティー。チーズのコクとお茶の苦みのハーモニーが若い女性層から支持されているという。
 カクテルに加え、ノンアルコールの商品も提供。お酒が苦手な人でも楽しめる。
 営業時間は午後6時~午前3時。日曜定休。

■札幌市中央区南5西3ANAホリデイイン1階 TEL011・215・0677  

4周年記念イベントでお得に盛り上がろう
JOY(ジョイ)

 カジュアルスナック「JOY」は、学生やOLなどの素人女子が売り。清楚系からギャル系までさまざまなタイプの女の子が会話を盛り上げてくれる。
 本誌記者はこれまで何度も来店しており、ビジュアルレベルの高さは確認済。先般も「最近入った女の子もかわいいよ」と店主が写真を見せてくれた。読者にお見せできないのは残念だが、そこには〝清楚系顔偏差値高め女子〟の姿が。店主の言葉に偽りはなく、ますますレベルアップしているようだ。
 同店は11月に4周年を迎える。それを記念し、11月25日(月)は60分飲み放題がコミコミ2000円(1人でもOK)になる。女性ドリンクなどもすべて込みの出血大サービスだ。
 通常システムは90分飲み放題が3500円(3人~)と、こちらも手頃だ。
 営業時間は午後8時~ラスト。日・祝定休。

■札幌市中央区南4西5F45ビル4階 TEL011・200・9771  

ダイニングバー店主の正体は現役の僧侶
ボー!

 今年で開店9年を迎えた「ボー!」は、家庭的な料理が味わえると人気のダイニングバーだ。
 2大看板メニューは「望来豚のカレー」と「ナポリタン」(どちらも700円)。カレーは自家製の甘口ルーが絶品で、常連客がこぞって注文する一品。また、ナポリタンは生麺を使用し、こちらもソースは自家製だ。
「昔の喫茶店で食べた懐かしい味」と、人気が高い。
 酒の種類も豊富で、飲み放題も用意。もちろん食事だけの利用もOKだ。そして、何といっても衝撃なのが、店主が現役の〝僧侶〟だということ。ぜひその目で確かめてほしい。
「12月は予約多数のため、来店前にお電話を」と店主。
 営業時間は午後7時30分~ラスト。不定休。

■札幌市中央区南5西3大松ビル4階 TEL090・1383・1753  

大通り西13丁目にある人気のビアホール
マスタッシュ

 徹底したビールサーバーの洗浄でビール本来の味が楽しめると人気のビアホール「マスタッシュ」。国内4大メーカーのビールのほかにもさまざまな珍しいビールを樽生で提供している。
 もちろん料理も抜かりなし。ビアホール定番のフィッシュ&チップスや生ハムはもちろん、自家製のベーコンや鴨のスモークハムなどビールにあうメニューがそろっている。ステーキも人気で、今ならA4ランクの白老牛内モモステーキが200グラム2800円で楽しめる。
 料金はノーチャージの明朗会計。90分の飲み放題が2000円。忘新年会にありがたいコース料理は90分の飲み放題に料理7品プラスデザートが付き3800円となっている。

■札幌市中央区大通西13丁目ABEビル1階 TEL011・242・8585  

落ち着いた雰囲気の店内で生ラムを堪能
北海道ジンギスカン 蝦夷屋

 昨年オープンした「蝦夷屋」。落ち着いた雰囲気の店内で鮮度抜群のジンギスカンを提供している。
 看板メニューはラム肉を1センチ以上の厚さに手切りした「なまら厚切りジンギスカン」。ほかにも生ラムのロースや肩ロース、ステーキ、ラムチョップなどが特製のタレや塩で食べられる。単品のほか120分食べ飲み放題のコースも用意。価格は3900円から。
 席はカウンターや個室のほか、34人まで収容できるロフト席など100席を完備。お一人さまや宴会など幅広いニーズに対応できる。また全席が最新の排煙装置を備えており、女性客からも好評だ。
 営業時間は午後4時30分(日祝は午後3時)~午後11時30分。年中無休。

■札幌市中央区南5西3北専プラザビル1階 TEL011・513・0677  

4周年記念。60分コミコミ3500円で開放
Lounge Snack 夕花緒(ゆうがお)

 午後8時からの恋人たち…それは恋の罪。
 ラウンジ&スナック「夕花緒」(ゆうがお)が12月に4周年を迎える。貴方を迎えてくれるのは30~40代の大人の色気漂う美魔女たち。リーズナブルな明朗会計も人気のオススメ店だ。  
 赤と黒を基調とした店内はラウンジ風の上質な空間でありながら艶やかなムード。最近、若い娘では物足りないという先輩諸兄、はたまた年上好きだが経験不足の若者も大満足必至。
 4周年を記念して11月15~12月14日は、オールタイム60分飲み放題をコミコミ3500円(税・女性ドリンク込み・1人の場合はプラス500円)で開放中。さらに12月2~7日は本指名、場内指名料が無料という大感謝プライスとなる。
 40人収容なので多世代の2次会にもうってつけ。夕刻から咲く妖艶な花々の世界をご堪能あれ。
 営業時間は午後8時から午前1時。日曜・祝日定休。

■南4西3第2Gビル地下1階(旧第2グリーンビル) TEL011・213・1391  

ワインの女王が店名由来。大人のための秀逸店
バー マルゴー

 人気店、ワインリトリート「アルカンジュ」(南5西4バッカスビル9階)の姉妹店として9月にオープンした「バー マルゴー」。
 店名はボルドー5大シャトーの中で最も女性的で〝ワインの女王〟といわれるシャトー・マルゴーに由来。立花南ママをはじめ、女性スタッフの上質なもてなしを象徴した大人のための秀逸店だ。
 もちろんシャトー・マルゴーをはじめとするワインからウイスキー、焼酎など豊富に揃え、クラブ並みの設えでありながらチャージは4000円(税・サ別)、パーティープランも6000円(税・サ込、4人以上)からとリーズナブルであることも特筆もの。 
 店内はカウンター5席、ボックス10席とカユイところに手が届くアットホームサイズ。喧騒を忘れ心地良い珠玉のひと時をどうぞ。 営業時間は、午後7時30分から午前1時。日、祝定休。

■中央区南5西5ソシアル桂和ビル4階 TEL011・215・1556  

11月28・29日に7周年特別イベントを開催
ミリオン南4条通店

 ススキノにバニーガールあり――今やススキノ名物にもなったのが「バニーズバー ミリオン」だ。
 4店舗いずれも連日連夜の大盛況。「バニーと飲まなきゃススキノで飲んだ気がしない」というほどのファンも多数いる。
 学生や社会人のアルバイトが多く、初々しさの残る素人っぽい接客は、ニュークラブとは違った楽しみがある。
 しかも、システムも良心的。一般的なサラリーマンでも財布の中身を気にせずに、バニーガールと楽しめるのだから、人気になるのも当然だ。 
 第3グリーンビルの1階と2階を使った「ミリオン南4条通店」は一番の大箱で、VIPルームもある。
 その南4条通店が7周年を迎えた。特別イベントとして11月28・29日は、バニーちゃんたちが〝パンク〟をテーマにした衣装に身を包み、「クレイジーバニーのクレイジータイム」を開催する。また、ノベルティのプレゼントや7周年オリジナルシャンパンなどのイベントも用意している。
 なお、この2日間は、オールタイムワンセット3000円(60分フリードリンク)でのご案内となる。
 営業時間は午後7時~午前3時(金・土は~午前4時)。年中無休。

■札幌市中央区南4西3第3グリーンビル1・2階 TEL011・522・9182