「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > スポーツ > 北海道日本ハムファイターズ

ポーツ情報

北海道日本ハムファイターズ

斉藤こずゑのファイターズじゃないと  
このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良原浩氏掲載号:20170315

写真

(ならはら・ひろし)1968年5月16日、埼玉県白岡市生まれ。右投げ右打ち。B型。帝京高校、青山学院大学卒。90年ドラフト2位で西武ライオンズに入団。97年オフにトレードで日本ハムファイターズ加入。その後、中日ドラゴンズに移籍。現役時代は鉄壁な守備で活躍した内野手のスペシャリスト。2006年限りで現役を引退し、ドラゴンズ、ライオンズでコーチを務める。今シーズンから内野守備走塁コーチとしてドラゴンズに復帰。日本代表「侍ジャパン」のコーチも兼務する。

引退後もずっとユニホームを脱がずに

移転前年に実感した知名度不足

斉藤 シーズンオフには毎年、札幌に来られているんですよね。

奈良原 ええ。ファイターズに在籍していたとき、僕の後援会をつくってもらったのがきっかけです。ファイターズを離れて10年たちますが、後援会の方々は、いつも温かく迎えてくれるので感謝しています。

斉藤 プロ野球選手としてのスタートはライオンズでした。その後、トレードでファイターズに移籍しました。チームの印象は?

奈良原 僕が加入したのは東京ドームが本拠地だった時代でしたが、当時からみんな仲がよかったです。

僕は内野手なので、(金子)誠や片岡(篤史)と交流がありました。とくに田中幸雄さんにはかわいがってもらいました。

みんなとはロッカーでも食事に行っても、常に野球の話ばかりしていました。それぐらい野球好きの連中が多かったです。

斉藤 ライオンズ時代はチームメートと野球談議はそれほどされなかったんですか。

奈良原 ライオンズに入団したときは、毎年優勝するようなチームの黄金期でした。仲間とワイワイ野球談議をするというよりは、イメージとしては“大人の集団”。

レギュラー陣がほぼ決まっていて、その選手たちに若手が食事などに連れて行ってもらうことが多かったです。野球の話も先輩からアドバイスをもらう感じでした。僕は当時、今シーズンからライオンズの監督になる辻(発彦)さんにお世話になっていました。

斉藤 ファイターズ在籍中にチームは北海道に移転しました。

奈良原 一番印象に残っているのは移転前年に開催したサイン会&トークショーです。選手たちが道内各地でおこなったんですが、僕はガンちゃん(岩本勉)と一緒に小樽の商業施設に行きました。

2人で「来シーズンから北海道に来ます!よろしくお願いします!!」と呼びかけていたら、通りかかった子どもが母親に「あの人たち誰?」と言っているのが聞こえてくるわけですよ。「ああ~、俺たちは知名度ないんだなぁ」と実感しました。

スーパーなどでもイベントをやらせてもらったのですが、エスカレーターそばの小さな仮設スペースとかで……(笑)。「北海道に根付くのは難しいかな」と思いました。(構成・竹内)

……この続きは本誌財界さっぽろ2017年3月号(2月15日発売)でお楽しみください。

HBCラジオ「ファイターズDEナイト!」は好評放送中です!

→Webでの購入はコチラ

【斉藤こずゑ】ラジオパーソナリティー●札幌市出身、札幌大学女子短期大学部卒、A型、てんびん座●趣味…旅行、ビール、スポーツ観戦、歌舞伎鑑賞、蕎麦屋めぐり、料理、恋愛物以外の読書●苦手なもの…小動物、スイーツ