「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > スポーツ > 北海道日本ハムファイターズ

ポーツ情報

北海道日本ハムファイターズ

斉藤こずゑのファイターズじゃないと  
このエントリーをはてなブックマークに追加

中島卓也選手掲載号:20170415

写真

(なかしま・たくや)1991年1月11日、福岡県生まれ。A型。身長176センチ、体重73キロ。右投げ左打ち。福岡工業高校卒。2008年ドラフト5位で北海道日本ハムファイターズに入団。華麗なフィールディングでファンを魅了し、昨シーズンは前年に引き続き、全試合でショートとしてスタメン出場。打撃面では「ファールで粘る」という独自のスタイルを貫く。粘り強いバッティングと俊足が武器のチームのリードオフマンだ。背番号9。

ファウルで粘ることが生きる道

手締めのかけ声は緊張で声が震えた

斉藤 春季キャンプ前にはコンディション不良も心配されましたが、お元気そうですね。

中島 はい!ファンの方々にもご心配をおかけしましたが、マイペースで調整させてもらっていました。

斉藤 キャンプは2軍スタートでした。久しぶりの国頭はいかがでしたか。

中島 いい意味で、のんびりと練習に励むことができました。

斉藤 国頭にいる中島選手を見ていたら、ある姿を思い出しました。新人時代、三木肇コーチ(当時)のノックを同期入団の杉谷拳士選手と楽しそうに一生懸命、受けていましたよね。

中島 つらかったですけどね(笑)。今回、国頭のサブグラウンドでノックを受けたとき、「昔、よく練習していたな」と、懐かしく感じました。

斉藤 1軍合流は終盤でした。キャンプ打ち上げでは初めて「手締め」のかけ声を担当されました。その様子はラジオで2回放送させていただきました。

中島 2回もですか!?ありがとうございます。でも、めっちゃ緊張しました!

斉藤 伝わってきました。

中島 やっぱり(笑)。覚えた言葉をチームメートの前でしっかり言えたのはよかったんですが、自分でも声が震えているのがわかりました。

斉藤 担当が決まったのはいつだったんですか。

中島 宮古島での自主トレ中ですから、結構、早かったです。キャプテンの大野(奨太)さんから「もしWBCに行かずにチームに残ったら、オレの代わりはお前だから」と言われていました。

斉藤 準備期間はあったわけですね。

中島 はい。心の準備をする時間はありました。ただ、話す言葉を考えたのは3日前とか。夜に半身浴をしながら声に出して覚えました。

キャンプ打ち上げ当日は名護球場のウエートトレーニング場に1人で行って、大声で練習もしました。〝本番〟ではどのくらい声を張ったらいいのかわからなかったので。

(構成・竹内)

……この続きは本誌財界さっぽろ2017年4月号(3月15日発売)でお楽しみください。

HBCラジオ「ファイターズDEナイト!」は好評放送中です!

→Webでの購入はコチラ

【斉藤こずゑ】ラジオパーソナリティー●札幌市出身、札幌大学女子短期大学部卒、A型、てんびん座●趣味…旅行、ビール、スポーツ観戦、歌舞伎鑑賞、蕎麦屋めぐり、料理、恋愛物以外の読書●苦手なもの…小動物、スイーツ