「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > スポーツ > コンサドーレ札幌
赤黒の“レジェンド”砂川誠の“コンサの深層・延長戦”  
このエントリーをはてなブックマークに追加

石水創氏(いしみず・はじめ)掲載号:2017年3月

写真

1982年札幌市生まれ。2004年東洋大学卒業後、石屋製菓に入社。イギリス・スイス留学を経て06年に取締役、08年常務、09年専務、10年副社長。13年7月に代表取締役社長に就任。

同い年のエメルソンはすごかった

砂川 コンサドーレが設立された1996年はまだ中学生でした。これまでのコンサの歴史で記憶に残っていることは。

石水 最初に衝撃を受けたのは2000年、岡田武史さんが監督になって2年目の時。新たに加入してきたFWのエメルソンには、本当に驚かされました。とにかく動きが人間離れしていて、こんなに足が速くてスーパーな選手がいるんだと。しかも同い年(笑)。後から年齢詐称疑惑が出ましたけど。サッカーを見始めたばかりでしたから、余計にすごいと思いましたね。

砂川 石水社長は04年に石屋製菓に入社されました。僕は03年にコンサへ加入しましたけど、当時のことは覚えていますか?

石水 忘れもしないのは、砂川くんがコンサでのデビュー戦で得点を決めた日の夜のこと。僕が会長とあるお寿司屋さんへ行ったら、砂川くんとばったり会ったんです。僕らを見つけた砂川くんが会長のところに駆け寄ってきて、会長とがっちり握手。会長も「よくやった」と声を掛けていた。でも「まだこんなもんじゃないとわかってるから」とハッパもかけていて。それをよく覚えています(笑)

砂川 そのあとすぐ風邪をひいたんですよ。プレッシャーがあったのかな(笑)

石水 でも、それから12年だよね?それだけ長くチームにいたのだから、やっぱり“レジェンド”だよね。

砂川 いやいやいや(笑)

石水 サポーターから愛されているのはもちろん、ほかの選手たちにも慕われていて。象徴的だったのが、10年シーズンの終了後にコンサからの退団を発表した時。あの時、白い恋人パークのイベントで、当時所属していたゴン(中山雅史)さんをゲストに呼んでいて。するとゴンさんが僕に向かって真っ先に言ったのが「砂川くん、何とかならないの?」という話。ゴンさんが「オレなんかより絶対チームに必要だから、何とか残ってほしい」と言っていたのを覚えています。

砂川 それは知りませんでした。純粋にうれしいですね。

石水 スポンサーは、あまりチーム強化について口を挟むことはないんです。それでも砂川くんに関しては、口頭ではチームに残したほうがいいと伝えたのではなかったかな。(構成・清水)

……本誌財界さっぽろ2017年3月号(2月15日発売)にはここに未掲載の内容も満載ですので、ぜひお買い求めください。

→Webでの購入はコチラ


●著者プロフィール

(すなかわ・まこと)1977年千葉県生まれ。2003~15年までコンサドーレ札幌にチーム最長の13年在籍。小野伸二選手とともに指導するSuna×Shinjiサッカースクール(公式Web:http://sunashinji.com)の運営、コンサのアドバイザリースタッフ、札幌大学サッカー部コーチ、石屋製菓社員と4足のわらじを履く。