「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > 観光・温泉 > 観光・温泉

光・温泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

札幌の奥座敷 ::: 定山渓 :::

spa_kanko1

開湯以来、120年以上の歴史を刻む道内有数の温泉街。
札幌の中心部から車で約1時間の距離にあるとは思えないほどの豊かな自然に包まれる。
春はエゾヤマザクラが咲き誇り、夏の新緑は空気のおいしさを倍増させる。秋の豊平峡ダムは道内屈指の紅葉の名所として知られ、冬は札幌国際スキー場などでスキーが楽しめる。四季それぞれで違う顔を持つ札幌の奥座敷。それが定山渓だ。

■佳松御苑・吉兆  ■定山渓万世閣ホテルミリオーネ  ■定山渓グランドホテル瑞苑
北海道を代表する温泉郷 ::: 登別 :::

spa_kanko2

標高200メートルの原始林に囲まれた道内屈指の温泉郷。
11種類にも及ぶ多才な泉質を持ち、国内はもちろん、海外でも知名度が高い。その温泉の源とも言えるのが「地獄谷」。かつての噴火口あとで、むき出しの地肌から熱湯や噴煙を上げており、ダイナミックな地球の息吹が感じられる貴重な場所だ。
また、120頭余りのヒグマがいる世界一のクマ牧場「のぼりべつクマ牧場」、江戸時代の文化、文政年間の町並みを体験できるテーマパーク「登別伊達時代 村」、デンマークに実在する古城をモデルにしたニクス城を中心に、北欧の街並みが広がる水族館「登別マリンパークニクス」など観光スポットも豊富。

■登別万世閣  ■第一滝本館
サミット開催の地::: 洞 爺 :::

spa_kanko3

カルデラ湖では日本で三番目の大きさを誇る「洞爺湖」を中心に、蝦夷富士と称される羊蹄山、緑の影を湖面に映す中島などその風景は北海道を代表する美しさと言われる。
4つの島からなる中島をめぐる洞爺湖遊覧船や2000年に噴火した有珠山火口の散策路など見所も満載だ。その豊かな自然環境から2008年7月開催の「北海道洞爺湖サミット」の会場にも決定。国内のみならず、世界中から注目されている。

■洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス   ■わかさいも本舗
北海道最大のリゾート地::: 留寿都 :::
「赤い靴 はいてた 女の子 異人さんに つれられて 行っちゃった」
の歌詞が印象深い野口雨情の作詞で知られる童謡「赤い靴」の舞台・留寿都村。
近年は道内有数のリゾート地として発展。その代表とも言えるのが「ルスツリゾート」だ。
絶叫マシーンをはじめとする豊富なアトラクションを擁するアミューズメントパークで、冬は近隣の3つの山々に跨る広がる広大な銀世界でのスキーが楽しめる。
北海道内最大級のリゾート地として道内外を問わず行楽客が訪れる。
マリモのふるさと::: 阿寒 :::
原始林と火山、神秘の湖に恵まれた、自然豊かな阿寒国立公園に位置する温泉街。
特別天然記念物のマリモの生息地であるとともに、観光スポットも充実しており、イオマンテの火祭りや道内最大級のアイヌコタンなど、北海道の神秘とロマンが堪能できる。
温泉街には、利用しやすい廉価な宿泊施設から高級旅館、大型の観光ホテルがあり、足湯や手湯も楽しめる。幅広い客層や旅のニーズに応えてくれるはずだ。
日本で最も空港から近い温泉郷::: 湯の川 :::
歩いていると日本にいることをふと忘れてしまいそうになる、異国情緒に溢れた函館の街。
そんな函館の奥座敷と呼ばれているのが湯の川温泉だ。
開湯は1653年と言われるようにその歴史は古く、江戸時代の松前藩主松前高広が病を癒したという逸話も残されている。
海岸沿いに広がる温泉街の中には美しい景色を楽しむことのできるホテル・旅館も数多い。
また函館空港からバスで約5分と日本で一番空港に近い温泉地としても知られている。
北海道の屋根の下の温泉郷::: 旭岳 :::
高山植物が開花する初夏から、多くの登山客で賑わう夏、そして紅葉狩りの秋、スキーが楽しめる冬と、年間を通して多くの観光客が訪れる旭岳。
その山麓にある旭岳温泉は大雪山の西側に位置し、東側にある層雲峡温泉よりも静かな雰囲気で、自然の恩恵を視覚と肌で感じることができる温泉郷だ。
温泉街の先には旭岳ロープウエイ山麓駅があり、空中散歩で雄大な大雪の景観を楽しむことができる。
高い保湿力と美肌効果が自慢の湯ところ::: 十勝川温泉 :::
十勝川温泉といえば、「モール温泉」が有名。
樹木の堆積物が長い年月をかけて作り出したお湯は、天然の保湿成分を多く含有し、まろやかで肌の浸透性もよく「美人の湯」と言われている。
また、温泉街と十勝川の中間にある河川敷には、冬になると毎年多くの白鳥が飛来する。
さらに十勝地方は、乳製品、蕎麦、ワイン、野菜、肉など、北海道屈指の食の倉庫であると同時に、ばんえい競馬など北海道の文化を語る上でも欠かせないエリアだ。豊かな自然、美味しい食べ物、温泉と何度訪れても飽きない魅力にあふれている。