「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の道標 旗幟
いま新たに「ENDEAVOR ゼロからの出発」掲載号:2017年1月

写真大

横山 清氏アークス社長

(よこやま・きよし)1935年芦別市生まれ、北大水産学部卒。02年、アークスを設立。ラルズ会長、北海道シジシー社長、新日本スーパーマーケット協会会長、在札幌フィンランド共和国名誉領事。

 企業の業績には〝1、3、5の壁〟があるという。現実に裏打ちされた着実な成長を続け、ホップ、ステップ、ジャンプと売上高5000億円の壁を乗り越えたアークスだが、次の目標である1兆円を達成するために、企業のありとあらゆる面を見直し、ゼロからチャレンジする。

 16年10月末には、システム統合基盤構築プロジェクトの推進、コーポレートガバナンスコードの活用などをテーマに役員研修会を実施した。

 チェーンストア業界を取り巻く経営環境は厳しいものの、

「社長、思う存分やってください」という三浦紘一会長からの後押しを受け、「17年は酉年ですからね。高い志を持つ盟友たちとともに、いっそうの飛躍をはかりたい」と力強く宣言した。

 17年2月期の通期決算予想は売上高5150億円、経常利益164億円。アークスの進撃ラッパは鳴りやまない。

(五十音順)