「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の道標 旗幟
新たな取り組みを始め〝ホップ〟の年に掲載号:2017年1月

写真大

齊藤 晋氏アルデバラン理事長

(さいとう・すすむ)1969年生まれ。函館ラ・サール高校、自治医科大学卒業後、旭川医科大学病院をはじめ道内医療機関の勤務を経て、09年稲積記念病院院長。翌年に医療法人社団アルデバラン理事長、手稲いなづみ病院院長。13年さっぽろ二十四軒病院開設。

「手稲いなづみ病院」「さっぽろ二十四軒病院」を運営。

札幌市西エリアで急性期から慢性期医療の橋渡し役〝ポストアキュート〟を担っている。

 16年は医療連携・相談体制を強化。「地域連携室」の医療ソーシャルワーカーや保健師など7人へと増強し、病棟や透析センターなどに複数配置した。「急性期病院からの入院相談、療養型病院への転院、在宅療養に関するコーディネイトや相談体制を充実しました」と〝入口から出口まで〟サポート体制を築いた。

 法人2病院は田中紳太郎、三好茂樹両院長に任せ、自身は理事長職に専念。団塊世代が後期高齢者となる2025年問題を見据え、アルデバランの顔としてトップセールスに奔走した。「われわれは地域連携機能が全て。基礎整備に加え、17年は規模拡大に向けた新たな取り組みを始める。ホップ・ステップ・ジャンプで巡航速度を上げる」

(五十音順)