「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の道標 旗幟
「お客さまに育てられ、助けられた20年」掲載号:2017年1月

写真大

高木茂光氏セーフティーステップ社長

(たかぎ・しげみつ)1968年札幌市生まれ。97年に札幌で足場レンタルの「セーフティーステップ」創業。現在は足場のパッケージレンタルのほか、販売も手掛ける。

 16年は創業20周年の節目の年となった。

「お客さまに育てられ、助けられた20年。言葉では表せないほどの感謝の思いがある」

 足場レンタルというニッチな分野で年々、存在感を増しているが、満足はしていない。

「まだまだ当社がお客さまに提供できるサービスはあるはず。これまで以上に必要とされる企業であり続けたい」

 これまで低層物件の足場に特化してきたが、16年は足場部材を大幅に強化し、中高層物件まで業務の幅を広げた。

「新築、リフォームを問わず、札幌の中層RCマンションの需要が多かった」と新たな市場で手応えを感じている。

 業界全体が技術者不足の中、足場職人の育成には早くから取り組んできた。

「今後の成長は職人の数と質にかかっている。採用は厳しい面もあるが、その半面、最近入社した職人は根性がある」と成長に目を細める。

(五十音順)