「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年の決意 トップの慧眼
質の高い建築デザインとコンサル業務の幅広げる掲載号:2018年1月

写真大

山本 謙一氏AURA ARCHITECTS所長

(やまもと・けんいち)1961年札幌市生まれ。北海道大学大学院修了。建築工学修士、1級建築士。公認・不動産コンサルティングマスター資格登録者。日本建築学会、日本建築士事務所協会、日本都市計画家協会正会員。

「作品主義」を基本とする建築デザインに徹し、オーナーの魅力が引き立つよう、仕事観や人生観も考慮した建築空間の提案を続けている。

 17年は東京・銀座に事務所を開設し、建築デザインとともに、事業承継、相続に伴う資産活用のコンサルティング業務の窓口を広げた。

「事務所の立地性が良く、全国各地から相談に訪れる人が増えている。1級建築士と公認・不動産コンサルティングマスターの経験・実績を生かし、税務や投資関連まで含めて安定性のある幅広いベストな提案を続けたい」

 地震を始めとする大規模災害を想定した建築設計の研究・実践にも取り組む。

「今後は耐震性を強化するばかりでなく、無電柱化を含めてインバウンドで魅力的な景観づくりを担っていくことが、これからの建築土木のデザインに求められる」と提言する。

(五十音順)