「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の道標 旗幟
10期連続増収増益を 達成。新たな挑戦も掲載号:2017年1月

写真大

中上裕幸氏モード・アライブ社長

(なかうえ・ひろゆき)1973年札幌市生まれ。大手不動産賃貸会社、管理会社などに勤務した後、07年モード・アライブ設立。

 設立10年の節目の16年は、過去最高益を達成。10期連続の増収増益となった。 

 不動産業全般を手がけており、主力事業は賃貸物件の企画・管理、売買仲介。これまで物件の供給は札幌圏がほとんどだったが、16年はニセコ地区の倶知安町に賃貸アパートを建築した。

「ニセコ地区の賃貸市場は供給不足が顕著。17年も数棟企画したい」

 現在の管理戸数は2500戸を突破、17年には3000戸を目指している。

 15年に出店した賃貸仲介店「お部屋探しカフェ 部屋モード札幌北店」は、アッパー層を中心に顧客を獲得し好調をキープ。16年12月には旭川店をオープン。17年も新規出店が計画されている。

 グループ企業では、小樽ドリームビーチで海の家「あかい家」の運営を開始。これを皮切りに新たな年は飲食事業への進出も計画している。

(五十音順)