「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年の決意 トップ100人の先見
行動も発想も枠にとらわれない異色の経営者掲載号:2016年1月

写真大

小西政秀氏北武グループ代表

(こにし・まさひで)1936年樺太豊原町生まれ。60年北海学園大学経済学部卒業。札幌商工会議所に勤務する傍ら68年に丸秀小西商事を設立。76年同会議所を退職、北武総業に商号変更し代表に就任。

傘寿を迎えるとは思えないほど意気軒昂だ。

15年10月にはアメリカ・ボストンへ赴き、ハーバード大学を訪問。公衆衛生が専門のイチロー・カワチ教授らとともに、予防医学の観点から共同プロジェクトの方向性を固めてきている。

「北武グループの農業生産法人、食品加工、製薬、バイオなどの力を結集し、食べることで病気にならない体をつくる健康食品を開発する」

30代なかばから収集してきた絵画や美術品を一般に公開するために1996年、還暦の時に開設した「HOKUBU記念絵画館」(札幌市豊平区旭町)が20年を迎える。それを機に常設展示をおこなうための増築計画も進めている。

「日本を代表する木版画家・加藤八洲さんの遺族から作品を多数寄贈していただいた。その作品を常設展示したいと考えています」

(五十音順)