「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の道標 旗幟
北海道への熱い思い。公私で濃密な1年に掲載号:2017年1月

写真大

東原俊郎氏太陽グループ社長

(ひがしはら・としろう)2000年NPO法人太陽グループボランティアチーム設立。01年公益財団法人太陽財団を設立。 09年7月にわくわくホリデー、同9月に札幌ばんけい社長に就任。

「パーラー太陽」、総合旅行業「わくわくホリデー」、「札幌ばんけい」などグループ10社を率いる。新たな年は創業30年の節目となる。

〝共に生き、共に栄える〟という地元北海道への熱い思いは叱咤激励に近い。16年は「街に賑わいを創ることができれば」とJR函館駅前の大門地区再開発計画をぶち上げた。少年野球大会支援や公益財団法人「太陽財団」など、北海道への思いは周知の通り。

 17年は、FIS公認のアジア最大のハーフパイプコースを持つ札幌ばんけいスキー場が冬季アジア札幌大会の会場となる。一方、所有不動産の再活用にも着手。絵本の葉っぱのフレディに例え「葉が落ち腐葉土となり、新芽を吹き蘇るように更なる賑わいを構築する」と基盤強化も図る。

 プライベートでは歌手の野口五郎さんとセッションするなどトランペッターとして活躍。新年も濃密な1年となる。

(五十音順)