「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年の決意 トップの慧眼
社員教育の徹底により幅広いサービスを提供掲載号:2018年1月

写真大

澤田 博和氏大洲電気社長

(さわだ・ひろかず)1966年札幌市生まれ。86年より通信工事会社勤務を歴て、09年大洲電気入社。同年社長に就任。

「創業51年目を迎えた17年は基幹業務であるPBX(構内交換機)やネットワークの設計・工事をはじめ、さまざまな部門で好調な1年でした。特に、病院や高齢者向け施設に対するナースコール工事や防犯カメラの設計・施工などは、お客さまから多くの紹介をいただいたこともあり大幅に増加いたしました」

 以前から目標としていた社員教育にも尽力。社員が新しい資格の取得を試しみることで、資格取得者が増えた。これにより業務の幅も広がり社員の成長が会社の成長に繋がった。

 18年は、オフィスの移転や設立などの際に、LAN環境やレイアウトなど全て自社でおこなうワンストップソリューションの強化を図る。

「低価格で安心安全なサービスを提供し、お客さまの企業成長に貢献できるような1年にしていきたい」と新年の展望を語る。

(五十音順)