「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の道標 旗幟
分譲マンションが10日で完売。再開発にも意欲掲載号:2017年1月

写真大

前川大輔氏日動社長

(まえかわ・だいすけ)1976年札幌市生まれ。03年日動サービス常務に就任。05年から日動常務、07年より現職。北海道住宅都市開発協会常務理事。日本マンスリーマンション協会理事。

 創業40周年を迎えた16年。「支えていただいた多くの方々に感謝する一方、浸る間もなく次の歴史を作るために走り回った」とその目はすでに先を見据えている。

 2月に販売した分譲マンションは、発売からわずか10日間で完売した。

「消費が伸び悩む中での即完売。住宅を通じ〝お得感〟をどう提供できるのか追求してきた。17年はより強化すべく、事業の仕組みをさらにブラッシュアップし、社員のホスピタリティーも向上させていく。今をベストと思うのではなく、チャレンジを続ける。既存事業・多角化ともにイノベーションの余地はある」 

 分譲に加え、賃貸や管理部門も好調。ホテル運営をするグループ企業もある。この総合力を生かした構想もある。

「札幌の一等地のビルを取得した。総合不動産業としての強みを生かし、将来的には再開発にトライしていく」

(五十音順)