「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年の決意 トップの慧眼
札幌に本社を移転 働き方改革にも着手掲載号:2018年1月

写真大

渡辺 征昭氏日昭アルミ工業社長

(わたなべ・まさあき)1961年釧路市生まれ。93年取締役支店長就任。06年専務取締役、11年副社長就任を経て、13年に社長就任。

 全国24支店を展開し、日本列島の北から南までを網羅する日本一の網戸メーカー。リフォームを通じたエンドユーザーへの直接販売も手がける。

 17年度は増収増益、年商80億円を見込む。中期目標として掲げる100億円を目指す。

 大阪で日昭建具製作所として誕生した同社。18年は創業55年を迎える。

「この節目に、本社を大阪から札幌に移転。機能集約を目的に札幌・東雁来に新社屋を建設します。建坪1450坪で3階建て。札幌支店は19年をメドにショールームへのリニューアルを検討しています」

 これまでに業界のイメージや地位向上にも寄与してきた。人手不足が叫ばれる昨今。人材育成・確保、社員の働き方改革などに取り組む。

「新社屋には新卒を中心とした社員の福利厚生を考え、スポーツジムを設置します。目玉としては週休3日制の社員を採用していく予定です」

(五十音順)