「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年の決意 トップ100人の先見
最先端の杭打ち技術を生かし建売住宅に進出掲載号:2016年1月

写真大

中森勝之氏ボックスグループ代表 北武建設社長

(なかもり・かつゆき)1959年恵庭市生まれ。高校時代に全道高校柔道選手権大会団体戦で優勝。警視庁勤務の後、84年にボックスを創業。ボックスグループ代表、北武建設社長。

不動産取引のボックスを1984年に興し、仲介手数料無料、ペット可マンション普及などを主導してきた業界の寵児。07年には北武建設を設立し、仲介・管理と建築の2本柱を築いている。15年後半は杭打ち問題が世間を騒がせたが、最先端杭打ち技術のハイスピード工法を13年に道内初導入しており、改めて先を読む力を証明した格好だ。

15年はこのハイスピード工法と、外と内からのW断熱、さらにエコジョーズを組み合わせた低燃費住宅「暖の家」の販売を開始。ヒートショックリスクの軽減を実現しているのも特徴だ。注文住宅のみだったが、好評を受けリーズナブルな建売住宅としても展開。北区新川に続き、清田区真栄、恵庭市でも、販売開始に向け準備が進められている。

また新年はプランニングを手掛けた13階建てのビジネスホテルにも着手。「次なる柱に」と意欲的に語っている。

(五十音順)