「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年の決意 トップの慧眼
時間・場所・需要をとらえた新たな賃貸経営を提案掲載号:2018年1月

写真大

及川 学氏アセットプランニング社長

(おいかわ・まなぶ)1963年札幌市生まれ。ハウスメーカー勤務の後、04年アセットプランニング設立。ホームメイトFC札幌大通店も運営。 

 賃貸オーナーに最大の収益をもたらすべく、独自の企画や管理、空室対策を実践。自らアパートやテナントビルも所有し、オーナー業も営む。

 マンスリーマンションも運営しており、立地などを加味して一般の賃貸物件にも提案。通常の賃貸借契約より利回りが上昇することも多い。

「18年6月からは民泊新法が施行され、1カ月未満の短期でも貸し出せる。観光需要の取り込みも可能です」

 また、17年10月にはJR千歳駅前のオフィスビルを取得。既存のオフィスを分筆し、それぞれに住居機能を備えたレンタルオフィスとしてオープンさせた。共用部には談話室を設け、オフィス機器なども完備。月、週、日単位などで貸し出す新モデルだ。

「空室時間の削減がハコモノ経営のポイント。通例にとらわれず〝時間×場所×需要〟をとらえた運営を提案していきます」と意気込む。

(五十音順)