「情報を先取り、タブーに挑戦」を編集方針とし、生活者・企業経営者に
最新かつ有益な情報価値をご提供する、北海道の地域政治・経済誌

ロゴ

トップページ > トップの横顔

ップの横顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の道標 旗幟
正月明けに念願のハワイ店が正式にオープン掲載号:2017年1月

写真大

中西泰司氏どうきゆう社長

(なかにし・たいじ)1945年生まれ。住友石炭鉱業スーパー事業部を経て、86年どうきゆうにアルバイト入社。96年玉藤社長。00年からどうきゆう社長。

 給食事業と飲食業を展開するどうきゆうは16年、「ゆであげスパゲティの店チロリン村」の運営権を取得。「今期中に新店を出す」予定だが、17年はもっと大きな飛躍が待っている。

 主力ブランドの「とんかつ玉藤」のハワイ直営店が正月明け、正式にオープンする。社長自身も3年間、繰り返し現地に足を運び、準備を重ねてきた。まさに念願の海外初進出である。

 トップ自らが情熱を持って動いたことで、成功に欠かせない人脈という財産も手に入れた。現地のコンサルタントに「ここまでの人脈を持っている日本人を今まで見たことがない」と言わしめたほど。

 08年から「人間尊重経営」を掲げて「ハートの通う仕事をし、人を喜ばせる」という考えを徹底。15年には経済産業省の「おもてなし経営企業選」に輝いた。その中西イズムをハワイでも実践する。

(五十音順)